7月8日(月)「華やかなステージを目指して 『スムーズ・クリミナル』楽器練習」

7月8日のなのはな

 ついに歩みだした、ビッグバンド演奏への道のり。
 前回の練習で発表されたウィンターコンサートの演奏曲、『スムーズ・クリミナル』。今日はそれぞれのパートで、譜読みに入りました。

『スムーズ・クリミナル』は、マイケル・ジャクソンの曲と聞いて、題名だけでは思い浮かばなかったけれど、曲を聴いたとき、耳になじみのある曲だと感じました。
 歌ではなく、ビッグバンド演奏用に編曲された音源を聴かせてもらい、フレーズを繰り返すごとに華やかさも厚みも増してゆく構成で、最初から最後まで、鳥肌が立つほど迫ってくるものがありました。とにかく、かっこいいという言葉では表しきれないくらい、心を掴まれました。
 メインとなる楽器が、場面により移り変わっていくのかな、と思って、それぞれの楽器に光が当たる曲だとも思いました。

 

P7080004

 

 楽譜は、今まで演奏してきた曲の中でも、とにかく音数が多いと感じました。それに、ほとんど休みがなく、一面が音符で覆われています。
 私は、クラリネットパートで譜読みをしていて、メロディを繰り返すときにも低音域、中音域、高音域とあり、クラリネットの出せる音域を、惜しみなく使われていることを感じました。

 高音は一番高いレが多用されていて、大丈夫かな、と楽譜を見たときは思いました。
 今日、初めて実際にクラリネットを吹いてみたとき、なんとか、高いレを出すことができました。この夏から、少しずつ楽器の基礎練習を行なってきたことで、かなり広い音域を吹きやすくなっていることに繋がっていると感じました。吹かせてもらっているクラリネットそのものが、吹き込むほどに音が出やすくなっていくことも感じます。練習を重ねただけ、クラリネットを吹くことが楽しくなっていきます。
 これから、ただ音を出すだけでなく、高音でも美しい音を出せるようになっていきたいです。また、テンポが速いため、タンギングも極めていきたいです。

 

P7080008

P7080014

 

 今はそれぞれのパートごとに、練習を進めている段階ですが、全体で合わせられるのが、今からすごく楽しみです。
 『スムーズ・クリミナル』は、華やかできらめくステージが思い浮かぶ、心がときめく曲で、この曲をみんなで演奏できることが、本当に嬉しいなと思います。
 合わせるときまでに、みんなの一部として演奏ができるように、練習をしていきたいです。

(りんね)

 

***

 

P7080576
〈早朝作業で、ササゲの土寄せを行ないました!〉

P7080579

 

P7080655
〈古畑で育てているシャインマスカットと、池上ブドウ畑で育てているオーロラブラックに袋がけをしました〉

P7080645

P7080651
〈オーロラブラックには光を透過する果樹袋をかぶせました。実に日光を当てることで紫に色づき、甘みが出るようになります〉