11月14日(火)「サツマイモ掘りの準備万端! 蔓回収の日 & 越冬なるか? 新しい試み 苗用の蔓の保存!」

11月14日のなのはな

PB146704

 

 翌日に控えたカチカチ畑大のサツマイモ掘りに向けて、蔓をカットし、カットした蔓を軽トラで桃畑に運んで、樹の周りに広げる作業をしました。

 畑に着くと、広い畑一面にサツマイモの葉がびっしり茂っている光景に、明日、芋掘りから始められるように出来るか、緊張でドキドキしましたが、あゆちゃんが、
「まずは畑の半分から手前を終わらせることにしよう。4人組で動いて、3人が蔓を道路側に返して株元が見えるようにし、返したところから、1人が鎌でバシバシ切っていく」
 というプランを話してくれて、わたしは、ゆりかちゃんと、あけみちゃんと、ももかちゃんと組になって、芋の蔓を返していきました。

 最初は、まず自分たちが通る畝間に絡まっている蔓を解消してから、蔓を返す工程に入っていましたが、蔓を返していると、これは畝間の蔓の絡まりをとる段階は無くても良いことに気が付き、そこからどんどんみんなの気付きで、蔓を返してカットする作業が進化していきました。

 

PB146726

PB146727

PB146715

 

 わたしは途中から、あけみちゃんと軽トラで桃畑に蔓を運んで、樹の周りに円状に蔓を敷きながら、サツマイモ畑と桃畑を往復していたのですが、始めて1時間も経つころには、畑の半面の芋の蔓がカットし終えられていて、緑の海だった畑が、桃畑から戻ってくるたびに、どんどん黒マルチで黒い海に変化している光景が、見ていてとてもやる気が出たし、嬉しかったです。そして、午前の作業では、残りの蔓カットは畑の5分の1というところまで、とてもいいペースで進んでいて、いい形で午後の作業に繋ぐことが出来ました。

 

PB146732

 

 午後は、ゆりかちゃんと一緒に、運搬に入らせてもらって、芋の蔓を積むのに人が足りているときは、、みんなと一緒に蔓を手前に運んだり、蔓を返したりしていたのですが、りなちゃんが、
「ネットの観音開きのように、2畝分の蔓を1畝間にまとめると運びやすくなった」
 と話してくれて、実際、芋づる式とはこういうことか! と思うほど、一度にたくさんの蔓を手前に運ぶことが出来るようになっていて、驚きました。

 

PB146728

PB146711

 

 また、作業の進化はそれだけではありませんでした。主にはあゆちゃんが、軽トラに蔓を載せる作業をリードしてくれていたのですが、手前に運ばれた蔓をどんどん積み重ねて、山にして溜めておくのではなくて、一人が運んだ蔓の塊は、そのまま小さな塊のまま置くことにして、そうすると、積みやすく、降ろしやすくなり、動きやすくなって有難かったです。

 蔓を桃の樹の周りに敷く作業のほうでは、あんなちゃんが指揮を執ってくれて、どの畑の、どの樹に敷くか、軽トラ一杯の蔓を何本の樹の周りに割り振るかなど、会うたびに細かく伝えてくれて、運搬メンバーは安全第一に、桃の樹の樹冠部より狭いところに、分厚くならないように気を付けて、蔓を敷いていきました。

 

PB146739

PB146741

 

 大体軽トラ一杯で2,3本でしたが、何度も往復して、4枚の畑と少し、今日回収した蔓を使い切って敷くことが出来て良かったです。
 軽トラの中では、コンサートについての話をゆりかちゃんとしていたのですが、畑で桃の樹周りに蔓を敷いていると、今回のコンサートのテーマである魔法にちなんで、なんだか魔法陣で桃の樹を囲っているように思えて、コンサートとの繋がりが、こじつけでも見つけられると、楽しくなったなと思います。

 

PB146742

 

 コツコツ進めていた蔓の運搬も、午後4時30分頃には終わり、4時頃に蔓の回収を終えて黒マルチの回収に入っていたみんなと合流して、まえちゃんとゆりかちゃんとよしみちゃんと一緒に、竹を芯にして、黒マルチを巻いていきました。
 わたしはあまり巻くのが上手ではなく、2本目はまえちゃんとゆりかちゃんで巻いて、よしみちゃんとわたしが補助をしたのですが、それは綺麗に良く巻くことができて気持ち良かったです。
 黒マルチを回収した畝からは、すでに掘られるときを今か今かと待っている、立派なサツマイモが、その身を半分出していて、明日の芋掘りがとっても楽しみになりました。

 

PB146709

PB146746

 

 最後に、2ロール分ほど、回収できなかったマルチがありますが、明日の朝食前に回収して、午前の作業は、初めからみんなで芋掘りに入れそうだなと思い、朝食前のマルチ回収も、まえちゃんとメンバーのみんなと息を合わせて頑張ってきます。

(なつみ)

 

PB146750

 

***

 

 サツマイモのつるの保存?

 明日のサツマイモ堀りに向けて、今日はカチカチ大畑のサツマイモのつる回収とマルチ回収、そして、つるの保存をします。
 えっ保存?

 そう、つるの保存!

 新しい試みとして、収穫のときにカットしたサツマイモのつるを保存して室内で冬を越させ、翌年の2月、種芋の伏せこみをする時期に、種芋を植えるのではなく、越冬させたつるを植える、というものです。

 種芋からではなく、つるから植えるので、畑に植えられる大きさまで育つスピードがうんと上がって、初春の早い時期にサツマイモを植えることができる。
 早く植えることができれば春の早い時期から温度が上がる夏にかけての期間に、より長くサツマイモのつるが畑に滞在することができる。
 だから、成長も早い、すくすく育つ、わさわさ育つ。
 そして早く収穫することができてしまう。
 そんな、夢みたいなこと本当にできるの?
 そんな、夢みたいなことを叶えようじゃないか。

 ということで、今日はそれを実践します!

 

PB146698

 

 まず、カチカチ大の畑へ行き、必要な苗のカットを行いました。
 苗の取り方は2種類。
 1種類目は、なるべく青々としていて、きれいなものを30センチの長さでカット。これを30本ほど採りました。

 2種類目は、サツマイモはついてこないように、豪快に根本から引っこ抜き、一株まるごと、つるを確保したもの。これは10本ほど。

 古吉野に戻って、まずは1種類目の苗から、バナナと晩白柚の株周りに植えました。

 

PB140027

 

 バナナと晩白柚は、吉畑手前ハウスのなかに植わっていて、ハウスのなかでさらに、ビニールで覆われています。バナナが植わっている2か所のスペースのうち1か所は、ハウスのなかに、さらに二重ビニールのハウスが建てられていています。
 そして、バナナの株周りの地面には、バナナが冬を越せるように電熱ケーブルがうめられているのです。
 天井、側面、そして足下も、360度、しっかりと防寒対策されたこの環境は、サツマイモの苗が冬を越すのにぴったりの環境なのです。

 

PB140015

 

 二重ビニールのなかにひっそりとおじゃまさせてもらって、サツマイモの苗を、バナナと晩白柚の株からなるべく距離をとって、円状にぐるっと植えていきました。
 電熱ケーブルを傷つけないように、手で掘って植えていきました。地面はとてもしっとりと湿っていたため、植え付けたあとの水やりは必要がありませんでした。担当のななほちゃんを中心に、週に1回、バナナと晩白柚に1000リットルの水をあたえていて、サツマイモはその水を一緒に吸うことができるので、サツマイモたちだけのための水やりはもしかすると必要がないかもしれないなと思いました。
 植え付けた後は、活着しやすいように、ひとつかみずつ過リン酸石灰と硫安をまいてあげました。

 

PB140031

 

 次は、ひと株まるごと引っこ抜いた株の保存に移りました。
 まず、株にはアブラムシなどの虫がついている可能性があるので、水でさっと洗い流し、株を少しコンパクトになるようにぐねぐねと折って、そのままゴミ袋にひと株まるごと入れてしまいます。袋のなかに500ミリリットルくらいの水を入れて、空気を少し含んだふわっとした状態で、口をしっかりとしばりました。
 たった、これだけ。とっても簡単です。

 

PB140036

 

 この袋を、野菜を貯蔵している2つの倉庫、“ライスマン”と“ロス”に入れました。
 ロスでは、サツマイモを貯蔵しているため、15度目標にオイルヒーターを入れて、温度管理がされています。
 サツマイモの芋とつるが同じ場所で保存される、というなんとも不思議な光景。

 様子を見つつ、水を足したり、晴れの日には日にあてたりもする予定です。
 本当に冬を越して、来年に苗として苗床に植えられるのだろうか……?
 わくわく、ドキドキ……様子を見守りつつ管理をしていこうと思います。 

(やよい)

 

―作業をしながら見つけた、季節の風景―

PB146720
〈13日から、那岐山の頂上に雪が降り積もっている様子が見られるようになりました〉
PB146721
〈カチカチ畑からほど近い場所にあるイチョウが、ほとんどの葉を黄色く染めています〉