「前向きで笑顔でいること」 ふみ

1月22日

○お母さんのお誕生日会

 お母さんのお誕生日会で、みんなとお母さんをお祝いできて、本当に嬉しかったです。

 お昼は、りゅうさん、お仕事組さんが中心に作ってくださったスペシャルランチをいただきました。見た目も美しくて、美味しくて、みんなでいただけて本当に幸せでした。
 ハッピーバースデーの歌をみんなでソプラノ、アルト、主旋律で合唱して、みんなで合わせたのは本番が初めてだったけれど、綺麗なハーモニーで歌えて、お母さんの笑顔も嬉しかったです。

 みんなの出しものは面白くてたくさん笑ったり、感動して涙が出たり、お母さんの笑顔もたくさん見られて、お父さん、お母さん、みんなと過ごした時間が本当に幸せでした。お父さんが少し前に教えてくださったことで、ファニーな面白さばかりでなく興味深い面白さというのを、みんなの出しものを見ていて思いました。

 なのはなのみんなだからわかる面白さがあったり、深く共感するところがあったりで、本当にお腹の底から笑いました。
 子ども組さんの可愛い葉っぱの衣装と、お母さんへの気持ちを歌で表現して、踊っている姿を見ていたら、涙が出て、お父さん、お母さん、みんなとお母さんのお誕生日をお祝いする時間のなかで、家族のあたたかさを感じて、私もたくさん力をもらいました。

 お父さん、お母さんの娘であること、みんなと姉妹であること、仲間であることが本当に幸せです。
 勇ましく、強く、逞しく生きるお母さんの子として、私は力強く生きていきたいし、成長していきたいです。

 みんなと、お母さんへの感謝の気持ちと、大好きな気持ち、お母さんへの思いを表現して、お母さんの笑顔もたくさん見られて、喜んでくださって嬉しかったです。

 お母さん、いつも本当にありがとうございます。

 お母さんが教えてくださった数々の言葉が、私の支えとなって、力となって、お母さんがいつも背中を押してくださいます。

 私が、前向きで笑顔でいることをモットーにしているのは、お母さんが教えてくださったからです。
 お母さんが笑顔を向けてくださると、私はすごく元気が出て、お母さんの笑顔に私はたくさん気持ちを救ってもらっていて、お母さんのように、私も笑顔でいようと思いました。

 お母さんが、「笑顔は人も自分も助けるんだよ」と教えてくださったことがあります。お母さんの笑顔に、私はたくさん助けてもらっていて、お母さんの笑顔をみて、笑顔でいることは目の前の人にとってすごく優しいことなのだと感じました。

 仕事から帰ってくると、お母さんが「おかえり」と笑顔で言ってくださって、一気に安心感が増して、お母さんの笑顔をみて、一日のなかで、もしうまくいかないことがあったとしても、前向きに捉えて頑張ろうと思えます。

 私が仕事に行くときに、お母さんが教えてくださいました。
 職場で、何か頼まれたときに、はいと笑顔で答える。そうすると、相手も嬉しいし、頼みやすいなと思ってもらえることが一番なんだよ。
 お母さんは、そう、私に教えてくださいました。

 私は、なのはなから仕事に行かせてもらって、お母さんの子として、お母さんに教えていただいたことを仕事に行くときに思います。

 仕事に行くときに、いつもお母さんの言葉を思い出して、お母さんがその場にいなくても、行ってらっしゃいと背中を押してくださっているように感じます。
 私は、お母さんの言葉から、何もできなくても、取り繕わないで、できる振りをしないで、ありのままの自分をさらけ出して生きていこうと思いました。

 笑顔でいること、元気でいること、前向きでいること。空元気ではなくて、本当に今のなのはなの生活が楽しくて、明るく、笑顔で前向きでいられるのは、お父さん、お母さん、みんながいてくださるから、自分は今前を向いていられるのだと思っています。

 お母さんへの色紙をみんなと書かせてもらって、本当に嬉しかったです。
 なのはなランドのお母さんの夢を、お母さん、みんなと力を合わせて実現するために、力をつけていきたいです。

 お母さん、今日は一日お母さんの笑顔をたくさん見られて、お母さんのお誕生日をみんなとお祝いできて本当に嬉しかったです。
 お母さんのことが大好きです。これからもどうぞよろしくお願い致します。