1月20日(金)「希望を込めた表情で演武を & ウィンターコンサート 映像編集」

1月20日のなのはな

IMG_2563

 

 アセスメント演奏がありました。20日にアセスメントがあると聞いたときから私は、今日がくるのがとても楽しみでワクワクしていました。

 今日のアセスメントの曲目は、ウインターコンサートで演奏した曲を中心とした、『ビリーバー』『アライブ』『ルナ』『ビューティフル・ピープル』の4曲です。
 1曲目の『ビリーバー』は、アセスメントで演奏するのは、今日が初めてでした。私はこの曲のダンスが本当に大好きで、ダンサーの5人のキリッとした表情や、斬新なダンスの振り付けが本当にかっこいいです。私はコーラスとして出させていただいたのですが、コーラスの振りも、ダンスの振りと同じような振りになっていて、自分も一緒に踊っているような気持ちになれます。

 

IMG_2541

 

 2曲目は『アライブ』で、私はこの曲で、まえちゃんと一緒に演武をさせていただいています。アライブはこれまでのアセスメントでもたくさん演奏していて、私はこの曲を演奏する度に、自分の気持ちを強くさせてもらっているなあと感じています。私は絶対にあきらめない。前を向いていくんだ。そう思わせてもらえる、自分にとって本当に大切で、大好きな曲です。

 実は、今日はアセスメントが始まる前にお母さんが、
「アライブで演武するとき、ただ闘志むき出しの一生懸命の表情ではなくて、希望のある表情で踊ってほしいんだ。少し余裕があって、真剣だけれど笑みが出てきそうな、希望のある表情が良いよ」
 と声をかけてくださったのですが、私は、お母さんのそのお話が、すごく嬉しかったです。私はアライブで演武をしているとき、演奏中にみんなのコーラスや太鼓の音を聴いていると、すごく勇気をもらい、いつも応援してもらっているなあと感じています。実は、これまでの演奏でも、演武していると、みんなからのパワーが嬉しくて思わず笑顔が出そうで、でも笑っちゃいけないと思っていつもこらえていました。

 だから、お母さんのアドバイスを聞いてからの今日の『アライブ』の演武は、これまでの中で一番演武しやすくて、自分の気持ちも、しっかり表現できたような気がしています。演奏中、お母さんが、前から手で大きく丸を作ってくださって、演奏後も、「今日の表情すごくよかったよ!」と声をかけてくださって、すごく嬉しかったです。

 

IMG_2553

 

 オリジナル曲『ルナ』をはさみ、最後の曲は『ビューティフル・ピープル』で、ダンスは、今日いるダンスメンバー全員で踊りました。みんなと1つになって、見に来てくださった大切なお客さまに気持ちが届きますようにと、精一杯の気持ちで踊れた時間が、とても温かくて幸せな時間でした。

 見てくださっていたお客さまが、演奏中ずっと笑顔で見てくださっていて、1曲1曲終わるごとに拍手をくださりました。イベントやコンサートで、たくさんのお客さまの前で演奏するのも大好きだけれど、目の前のたった1人に向けて、自分たちの気持ちを歌やダンスで表現させていただけるアセスメントが、私は本当に大切でありがたい時間だなと思います。

 今日は平日だったこともあり、全員揃ってのバンド演奏やダンスはできなかったのですが、メンバーが抜けていても、いつもと変わらないくらいのパワーと気持ちで、みんなと一緒に久し振りにアセスメント演奏ができて、とても楽しかったです。

(よしみ)

***

 

 画面のなかに収められている、本番当日の気持ち――。
 ウィンターコンサートの映像や音声の編集を進めています。
 ビデオは、全6つのアングルから撮影した映像を組み合わせて、カット割りなどを決めていきます。これまでのコンサートでは、1人が集中して映像編集を担当していましたが、今回は、主人公の1人、たかお役を演じた子や、ダンス部として練習をリードしてくれた子が、それぞれ熟知している場面の編集を担当することになりました。カット割りの作業は順調に進み、今日から、コンサート後半に入りました。

 

20230120_165338

 

 実際の舞台では、舞台の上で立ち位置や光を整えることで、登場人物の心情や、人物同士の気持ちの近さ、遠さを、緻密に表現していました。ダンスも、卒業生ののんちゃんが振りを付けてくれたものや、ゆりかちゃんが振りを付けてくれたフラダンスなど、みんなで何度も気持ちを揃えてきた、フォーメーションやポーズが散りばめられています。

 DVDやブルーレイでは、様々なアングルから舞台を見ることになりますが、そうした見せ方が、場面の中でもきちんと伝わるように、カットをつないでいきます。

 また、今回は撮影のときにも、フォーメーションや、役者の位置関係がわかりやすいよう、広めに構図をとることを心がけました。

 コンサートを作り上げる過程で、私たちは、脚本を通して、また、たくさんの方々へ向けてメッセージを表現することを通して、たくさんの気持ちを得てきました。そんな大切なコンサートを、スピード感を持って、たくさんの方へ届けられるように、作業を進めていきたいです。

 

20230120_165509

 

***

 

20230120_142736
〈お母さんのお誕生日会まで、あと2日。今日は出し物をするチームの衣装考案や、お母さんに渡すメッセージカードづくりをしました〉