「後は、落ち着いて塗るだけ」 ももか

1月17日

 今日は、これでもか! というくらい天気の良い日。どんな1日になるか、朝から胸が踊ります。
 午前中は、お母さんのお誕生日会の準備。今日は、衣装作りを主にしました。さくらちゃんと、ペンキを使い色を塗っていきました。私は、ペンキを使うのが、人生初! 塗らせてもらうことになったとき、ワクワクで、嬉しくてたまらなくなりました。

 早速、塗るために、籾摺り機倉庫へ。ペンキや、筆、新聞を準備して、よしっ。道具も気持ちも準備完了。後は、落ち着いて塗るだけ。のはずが、ハプニングのオンパレード……初め、私が筆を持つと。べちゃ、服についた!「急いで、洗ったら落ちる! 急いで~!」
 とさくらちゃん。私は焦りながらも、ダッシュで水道へ。無事に、きれいに落とすことができ、一安心。
 戻って作業を再開しようとすると、まさかの、まさかの、べちょ。手に沢山ペンキをこぼしてしまいました。きゃー! やるべきことは分かります。すぐに洗う。自分の手だけにおさまったことが、救い。もう、こりごり。

 もう、こぼさないぞ。と決意して、もう一度、再開。ようやく落ち着いて塗り続けられるようになり、テンポよく、180枚塗るうちの半分を達成しようとしたとき、嘘……ベター。床に広がるペンキ。ほぼ水のペンキだったため、ペンキが無駄になることはなかったのですが、床が~。すぐさま、雑巾と新聞を取り出し、拭き取ります。とても申し訳なかったです。
 ですが、さくらちゃんは、「すぐ拭いたら、大丈夫だよ」と、優しくフォローしてくれました。優しい言葉、対応が、涙が出そうになるほど嬉しかったです。

 もう、絶対にこぼさないように、最新の注意を払います。その結果、無事にすべて塗り終える事ができました。のはずが、一歩手前で、最悪の自体が。ベッチャ。顔が、真っ青になりました。一番、なってほしくなかった事態です。ペンキが床にこぼれていました。容器の中身がほぼなくなり、軽くなっていたため、筆の重さに耐え切れず、倒れてしまっていたのです。まず、新聞で、ざっと拭き取り、最後に、たわしでこすり、しっかりと落としました。ショックすぎて、瞬時に対応出来なかった私ですが、さくらちゃんは、状況をすぐに整理し、それに一番見合った対応を、すぐさましてくれました。その姿が、本当にヒーローのようで、キラキラして見えました。私も、立ち止まってはいられないと、背中を追いかけるように、さくらちゃんの手伝いをしました。手伝いながら、私も、すぐ対応することができるようになりたいな。と強く思いました。

 沢山の、沢山の、ハプニングがあったなかでしたが、塗っている時間は、楽しかったです。子供組の歌を練習したり、ハッピーバースデイの歌を練習したり。透明だったものが、次から次へと、色がついて、明るくなって行くのが、嬉しかったです。また、籾摺機倉庫に足を運んでくれた子が、「きれい! すごーい」とパーッと明るい顔をしてくれて、嬉しくて、心がぽかぽかしました。

 須原さんが干場を作って下さったり、さくらちゃんと2人で、もくもくと塗りあげる事ができました。須原さん、さくらちゃんの助けがあって、協力があってできた。終わった時は、あふれ出るほどの達成感と感動を得られました。これを後は、スカートにするだけ。楽しみです!

 午後は、つきちゃんたちと、大根の手入れ。久しぶりの畑作業で、新鮮な気持ちでした。
 作業は、な・な・な・なんとスムーズ過ぎるほどスムーズに進み、4時30分には、大根だけでなく、カブのネット回収、ハウスのビニールがけまで、終えることができました。ネット回収は、りなちゃんと2人で行いました。最近は、お互い忙しくて、なかなかゆったりと、2人で話すことがありませんでした。今日は、久しぶりに、たわいもない話を笑いながらすることができ、とても嬉しかったし、不思議と安心して、穏やかな気持ちになりました。また、改めて、りなちゃんは私の、最高のシスターさん、お姉ちゃん、だなと思いました。

 夕方には、ハウスミーティング。お父さんに質問をたくさんでき、モヤモヤが解消されたり、新しい気付き・発見ができ、とてもスッキリしました。
 明日から、インスタで『ももかの回復日記』を始めさせてもらうことになりました。多くの方に、日々の楽しい! を共有できると思うと、ワクワクが止まりません。

 明日の楽しみはそれだけではありません。太鼓練習も夜に! 日中は、なにをするか、お楽しみ……
 ワクワク・ドキドキ。おやすみなさい!