「5人の計画」 りな

1月14日

 今日は朝から1日、雨が降っていました。そのためか、いつもよりも暖かく感じて、とても過ごしやすい気温でした。
 午前中は、ななほちゃんと、りんねちゃんと一緒に勇志のレポートを進めました。今日進めた1月分を終わらせたら、今年度のレポートは全て終わって、次にレポートを提出する月は、来年度の5月になります。その時には、学年も上がって、私は最高学年の3年になります。勇志国際高校に上がったばかりの頃をまだ鮮明に思い出せるけれど、もう3年目に入るのだなあと思って、とても速く感じました。

 ななほちゃんとりんねちゃんは、今年で卒業です。少し心細い気持ちもします。もし、今年、勇志のスクーリングがあったら、ななほちゃんとりんねちゃんも一緒に行きたいなあと思いました。
 同じリビングでは、たけちゃんやたいちゃんもいてくれたり、白大豆の選別をしているみんながいて、活気のある空気が、どんよりとした雨の日の気分を吹き飛ばしてくれて、気持ちも明るくなりました。
 今年度最後のレポートも、3人で頑張って終わらせたいです。

 午後からは、22日の会の準備をしました。チーム発表がされて、私は子供組チームのみんなと一緒でした。
 紅白歌合戦で、カラヤブリ隊として練習している時間も、もし出来る機会があったら、絶対にこれをしたい! 子供組のみんなの中で、共通してやりたいことが1つありました。それを、実現するために、成人式があった日の夜から、早速、5人で計画を練っていました。

 今日はまとまった時間が取れて、準備や練習をすることが出来て嬉しかったです。あるものを作ろうとしていて、そのイメージ画像をみんなと一緒に探していました。すると、とても可愛いものがたくさん出てきて、実際に同じように作れるかは分からないけれど、夢が広がりました。会だけではなく、他の機会にもたくさん使えるようなものが作りたいなと思いました。

 1つ、さくらちゃんが試作してくれていて、それがとてもクオリティが高くて、実現できそうだという自信になりました。そして、他の制作物も、なつみちゃんやももかちゃんがとても可愛く作ってくれたり、出し物の流れをななほちゃんが考えてくれたりして、子供組の一人ひとりが自分に出来ることを埋め合っていて、全員揃うと何でも出来るなあと思いました。子供組のみんなの存在がとても心強く感じて、この5人のメンバーで出来ることが本当に嬉しいなと思いました。
 
 明日は1月15日で、とんど焼きの日です。明日でお正月が終わってしまうのかと思うと、寂しい気持ちもするけれど、気持ちを新たにこれからも向かいたいです。
 読んでくださり、ありがとうございました。おやすみなさい。