「柚子ジャム」 りな

1月13日

 

 今日の午後は、久しぶりに雨が降って、外の作業は出来なかったけれど、来週のアセスメント演奏に向けて、みんなで音楽練習が出来て嬉しかったです。

 アセスメント曲目のダンス練習や、バンドの音だしがありました。ウィンターコンサートが終わって、みんなと音楽練習する時間は少し途切れていたけれど、またコンサートでした曲を、同じクオリティで出来るのが嬉しいなあと思います。

 お客さんがなのはなに来て、ここだったら自分も回復できるかもしれない、と希望が持てるような演奏にしたいし、仲間になりたい、と思ってもらえるような、強くて優しい姿であれるように、気持ちを引き締めていたいです。

 

 午後の合間の時間を縫って、昨日出来なかった、ユズジャムの瓶詰めの作業を、河上さんとさせてもらいました。瓶の煮沸、脱気の作業に、少し緊張しました。熱湯を使っての作業で、危険が伴っているので、気をしっかり持って向かいました。でも、分からないことや、より良く出来る方法を、河上さんがアドバイスして下さって、とてもありがたくて嬉しかったです。

 ジャムは、一度冷めてしまったので、もう一度沸騰する一番熱い状態になるまで火にかけました。昨日は、スプーンで掬って落としたら、トロッと落ちるぐらいだったけれど、冷めた後のジャムを見ると、熱かった時よりもさらに固まっていて、とても驚きました。時間が経って、熱が取れると少し固まる、と河上さんから教えていただいたけれど、こんなにも変化があるんだ、と思いました。

 火にかける時間が長くなってしまい、ジャムの色は少し飴色っぽい濃い色になりました。けれど、瓶に詰めると、琥珀のようで、綺麗だなあと思いました。ユズジャムを作るまでの工程で、たくさんのみんなに、助けてもらいました。みんなで作ったユズジャムが完成して、とても嬉しい気持ちになりました。また、みんなで頂ける日が楽しみです。

 

 今日の雨が、野菜にとって恵みの雨になってくれていたらいいなあと思います。読んでくださりありがとうございました。おやすみなさい。