「日々、が大切」 なつみ

1月13日 

 

 昨夜、さくらちゃんがこれからのハウス修繕の作業工程と、それぞれにかかる時間と人数が書かれた紙を見せてくれました。そして、今日もハウスの修繕に入らせてもらって、一緒にできて嬉しかったです。

 今日は私たちが道具を持ってハウスに着くころには、須原さんがビニペットを外してくださっていて、必要以上に使われているクロスパイプを全部外して、綺麗なクロスパイプを2組(クロスパイプにはオスとメスがあり、その2本を合体して使います)、るりこちゃんとさくらちゃんが金具で固定して留めてくれました。

 そのほかにも、ハウスの内の草刈りや耕運機、管理機掛け、溝きりの時に盛られてしまったハウスの外周の土をハウス内に開墾鍬を使って持ってくる力作業があったり、時々ミリ単位で意識しなけばいけない作業があったり、建築はスケールが大きくなるほど、きっと繊細になってくるのだと思いました。

 今日覚えた部品は「ワッシャー」です。あとクロスパイプにオスとメスがあることも知りました。ワッシャーは、「アングルバンド」(これは調べました)と言われる、クロスパイプとアーチパイプを固定する金具の蝶ネジが外れないようにつける、よくネジの頭の下にある輪っかの名称で、名前のわりに丸くて薄くて小さくて、好きな形だなと思いました。

 少しずつ、つかいながら覚えて、知っていけるのがとっても嬉しいし、楽しいです。

 雨の日には、新しく張るビニルのカットやマイカ線のカットがあるそうで、雨の中でもハウスの修繕の作業が進められるのが嬉しいなと思います。もし、作業に入ったら、良い雰囲気で協力してできるように頑張ります。

 

 最近、少人数のみんながやっている新しいMTの話を聞かせてもらうことがあります。
 あゆちゃんも2月に入ったら始まる、というようなことを話されていて、わたしは少しMTが始まるのが怖いです。今までは怖いと思ったことは無くて、むしろ知りたくて楽しみだと感じていたので、気持ちの変化が不思議です。
 きっと、まだ思い出したくない、考えたくない、向き合いたくない過去の出来事があるんだろうと思います。でも、向き合わないのは使命に対して不誠実になってしまうのだとも思います。

 日々の作業で気持ちを作っていくんだと、ふとした時に思いました。
 日々の作業で気持ちを作って、積み上げていくうえで、MTは必要だと思って、ちゃんと取り組みたいし、作業も、頑張ります。