「強さのある人」 りんね

12月27日

 人を好きになること、結婚をすることなどのお話を、お父さんお母さんが話してくれました。

 結婚をするときに必要なものは、その人の肩書や、人柄以上に、「強さ」ということ。
 どんなことがあっても、家庭、子供を守り通して、幸せを作っていくという責任を持ち続ける覚悟が、あるかどうか。
 そういう覚悟や、日々の生き方、掃除を手を抜かずに行うことや時間を守ること、そういった積み重ねが、表情に出ると教えてもらいました。
 一瞬の魅力が出せる人は、永遠にそうであり続けられる、とお父さんは言っていました。

 私は、その強さが自分にはないことを感じてしまいました。まだ、子供を育てられるほどの強い覚悟、一切の甘えを捨ててこれから生きていく覚悟が、ありません。でも、誰にとっても必要なことは同じで、覚悟を持たなければならない、と感じました。
 なにがあっても幸せな家庭を作る、という強さのある人になっていきたいと思いました。