「お餅つき大会」 みつき

12月24日

 昨日建ててくれたお餅つきの白いテントが、どこにあるのかわからなくなってしまうくらい、外は真っ白な世界が広がっていました。
 雪も降って、ホワイトクリスマスイブです。

 そんな今日は、ずっと楽しみにしていた、お餅つき大会でした。
 なのはなの友の会の方々や、お仕事組さん、家族みんなが集まって、たくさんのお餅をつくことができました。
 昨年より少し量が増えたそうで、36臼ほどついたと聞きました。それも家族みんなが居たらあっという間で、ほかほか蒸気を上げるお米が粘り出してきて、ツヤのあるひとかたまりのお餅になるのが、何回ついても、うれしくなりました。
 テントのすぐ外は雪が舞っているけれど、テントの中は、「誰でもどうぞ!」の、あたたかい空間が広がっていました。
 誰がついても、誰が見守っていても、「よいしょ!」と応援の声が飛び交っていて、いつまでもにぎやかでした。

 体育館に運ばれたお餅に、わっと集まって、みんなで丸めていきました。
 丸餅は、ずっと触っていたいくらいふわふわしていて真っ白で、赤ちゃんのほっぺのようでした。
 豆餅は、黒豆が入ってグレーの色をして、どんと鉄板に乗せられている姿は、なんだかゴマアザラシのようでした。
 今年は作り方が少し変わって、こねるだけでつかずに、黒豆を混ぜ込んで完成ということになりました。よしみちゃんやりゅうさんが、腰の入った姿勢で、粘りのあるお餅に黒豆を混ぜ込んでいってくれました。
 完成した豆餅は、均等に綺麗な形の黒豆が入っていて「大成功だ!」と感じました。
 そして、新しく加わったピーナツ餅です。みんなで作った落花生の、いい香りがしました。

 お餅がずらっと箱に並べられているのを見て、「ああ、新年が待ち遠しいね!」と言い合っていました。お米作りから始まって、家族みんなの思いがこもったお餅は、見るからに美味しそうで、かわいくて、愛おしかったです。

 午後にも、お楽しみが待っていてくれました。これも毎年恒例の、しめ縄作りです。
 みんなでワラの山を囲んで、やり方を確認し合いながら、縄をなっていきました。
 わたしの記憶のなかには、背中を屈めて黙々と縄をなう、盛男おじいちゃんの姿がありました。
「おじいちゃん、すごく綺麗に縄をなっていたな」「おじいちゃん、自分で作ったものをわたしに渡してくれたなあ」。おじいちゃんのこと、おじいちゃんが教えてくれたことを思い出しながら、手を動かしていました。
 不器用だけれど、初めて作ったときより、確実にきれいに作れるようになってきているのを感じました。こうやってみんなで伝えあって、伝統的なお正月のお祝い飾りを作り続けられることが、ありがたいです。

 夜にも、お楽しみは続きました。あたたかいチキンライスと、なのはな北京ダック、かぼちゃのパウンドケーキといった、特別なクリスマスメニューが食卓に並びました。
「お母さんが小さい頃から、クリスマスの夜はいつもチキンライスを食べていたんだよ」
 お母さんが毎年話してくださるこの話から始まって、こうやってクリスマスやお正月、家族みんなで同じように過ごせる時間があたたかいです。

 なのはなに来るまで、1年が始まって終わるとき、わたしの隣にはいつも恐怖がありました。
「先に待っている楽しみ」の気持ちがあまりに少なくて、むしろ「先を恐れる不安」の気持ちでいっぱいでした。
 なのはなのみんなが受け継いでいってくれているから、今わたしたちの1番しあわせな時間があるんだな、と思います。
 なのはなのみんなが居てくれるから、1年の終わりも始まりも、1年間のいつどの季節をとっても、待ち遠しくてたまらないくらいの希望と期待で、わたしは過ごすことができます。
 本当に、得難いことだなあと感じます。

「こんなに1日中しあわせで、いいのかな」
 そう思って涙が出てきてしまうくらい、宝物のような時間でした。

 明日はクリスマスです。サンタさんを楽しみに、ぐっすり眠ります。