12月26日(月)「部屋も気持ちも磨いて新年へ & 永禮さんと、今季2度目の落ち葉集め!」

12月26日のなのはな

 2022年も残り1週間を切り、なのはなでも新年を迎える準備を進めています。今日は1日を通して、古吉野なのはなの大掃除をみんなでしました。なのはなでは、毎日、掃除の時間があるけれど、どうしても日々の掃除だけでは手がつかないところの掃除を中心に、今日は各場所を2、3人ずつで担当して大掃除をしました。

 

20221226_124828

 

 私が掃除をすることになった場所は「なのはなの湯」と「リビング」です。午前は、なのはなの湯と脱衣所を、のんちゃんと一緒に掃除しました。なのはなの湯は卒業生が作った手作りの大浴場で、毎日、温泉気分で入れて、みんなの疲れを癒すとても素敵な場所です。

 のんちゃんと2人でなのはなの湯へ行くと、2人揃って出た言葉は、「この石、洗いたいね」。
 お風呂場には、お母さんが季節ごとにお花を生けてくれる場所があって、そこには小さな石がたくさん敷かれてあります。そこは普段の掃除の時間では絶対にできない場所で、今日の大掃除ではこの部分を綺麗にするのをメインにしようと、のんちゃんと決めました。

 のんちゃんが小石を洗ってくれているあいだに、私はその下の部分を綺麗にこすって洗い流し、花瓶や置物なども一つひとつ洗っていきました。かなり大がかりな掃除だったけれど、再び小石や置物、お花などをもとどおりに飾ると、より綺麗になって、すごく嬉しかったなあと思います。

 

20221226_124852
〈みんなで手分けして掃除や整頓をし、綺麗になっていく工程を楽しみました〉

20221226_153046

 

 他にも、柱を拭いたり、天井付近もきれいにしたりと、午前の時間をたっぷりと使って、なのはなの湯を掃除することができました。掃除中は裸足だったので、最初は寒く感じていたけれど、夢中になって床を磨いていると身体も熱くなってきて、綺麗になったお風呂場を見ると心もスッキリしました。

 午前中は、他にみんなの居室の2・3年生教室や、畑の道具やみんなの作業着を置いている5年生教室の掃除も進み、年末の紅白歌合戦の会場となる音楽室では紅白仕様に飾り付けも進めてくれていて、午前だけで構内の半分の大掃除が完了です。
 みんなが楽しそうに掃除している姿が、とても綺麗だなあと思いました。

 午後の部では、今度はさくらちゃんと一緒にリビングの大掃除に取りかかります。まず、さくらちゃんと一緒にリビングで掃除したい場所を紙に書き出し、大体のタイムスケジュールの予定を組みました。私はリビングを見渡したとき、高い所が目についたので、主に天井の柱の部分や高い所の棚の上を掃除したり、リビングの壁に飾ってあったものを新年仕様に張り替えたりしました。

 

20221226_153328

 

 私が高い場所を掃除してくれている間に、さくらちゃんはパソコン台の下の場所を整理整頓してくれて、みんなが探していそうな物もさくらちゃんがたくさん見つけ出してくれました。

 夏に使う、天井に付いている大きなファンの羽のほこりも丁寧に拭き取りました。
 掃除をしていると、「あ、あそこも掃除したいな。あ、ここも掃除したい!」と、いろいろ綺麗にしたいところが溢れてきて、3時間では物足りないくらいでした。あっという間に時間が過ぎていき、作業終わりのころになって、フッとさくらちゃんの方を見ると、さくらちゃんが掃除していた付近が驚くほど綺麗に整頓されていて、リビング全体がスッキリと綺麗になりました。

 今日1日、大掃除をして、「掃除して綺麗になっていくのって本当に楽しくて気持ちが良いなあ」と改めて感じ、嬉しかったです。

 午後は図書室、体育館、食堂、お客さま玄関、台所は河上さんも居てくださり1日をかけて隅々まで綺麗にすることができました。掃除のあとは、古吉野中、どこを歩いても空気がクリアで清々しい気持ちになります。作業から帰って来たみんなや、お仕事組さんも、「綺麗になったね!!」と喜んでくれて嬉しかったです。

 

20221226_153031

 

 私は、当番の時間は、食器洗いや朝食当番などをすることが多く、最近はあまり掃除に入ることがなかったので、今日は久し振りに思い切り掃除ができて、本当に楽しかったなあと思います。これで安心して紅白歌合戦やお節作りなどの準備も進められるし、綺麗になった古吉野なのはなで、みんなと一緒に新年を迎えられることが、とても嬉しいです。

(よしみ)

 

***

 

 落ち葉集め。
 なのはなの作業の中でも、特に人気の高い作業の一つです。
 なのはなの農業には欠かせない”落ち葉堆肥”を作るために、この時期に精を出して、落ち葉を集めます。
 今日も永禮さんがダンプを出して下さり、今季2回目の落ち葉集めを行いました。

 こうして、永禮さんが来てくださることが、本当にありがたいな、と思います。
 前回は、雪の影響で半日しか落ち葉集めに行くことしかできなかったけれど、今日は快晴で、1日かけて、落ち葉集めに取り組むことができました。

 

PC260095

 

 前日から、今日落ち葉集めに行くことを聞いていて、凄く楽しみにしていたので、作業発表のときに名前を呼んでもらえたことがとても嬉しかったです。
 メンバーは、永禮さん、やよいちゃん、しなこちゃん、まちちゃん、せいこちゃん、るりこちゃん、さきちゃん、私の8人です。

 このメンバーで、午前、午後と落ち葉集めに向かいました。

 今日の午前の初めは、やよいちゃんと永禮さんのダンプに乗せていただき、大井が丘に向かいました。
 小高いところにある大井が丘は、作業中も見渡しがよく、空気も良く、まるで絵本の世界に迷い込んだかのような気持ちになります。

 落ち葉集めの作業では、熊手で、道端の落ち葉を山にする人、側溝に入った落ち葉を鋤簾で上げていく人、その山をテミで拾ってダンプまで持っていく人、ダンプの荷台でそのテミを受け取る人、竹ぼうきで最終的に道を綺麗にする人、の5つの役割があります。
 そうして落ち葉を集めては、道を進み、というのをダンプの荷台が満タンになるまで続けます。
 昨夜、雨が降っていたこともあり、落ち葉が湿っており、塊状になりやすく、集めやすく、ダンプに乗せても嵩ばらず、落ち葉が溜まりやすかったです。

 

PC260093

 

 今日、私は、ダンプの荷台に乗って、テミを受け取る役割をしていたことが多かったのですが、次々に来るみんなのテミを「はい!」と言いながら、スピード感を持って受け取ってダンプの荷台に落ち葉を乗せていくことや、ジャンプするように足で落ち葉を圧縮していくのが、トランポリンの上にいるようで、たまらなく楽しいです。
 今朝の初めに凍えていた身体も温かくなって、気持ちが弾みました。

 大井が丘で落ち葉集めをしていると、どこを見ても、四方八方、落ち葉がふんだんにあり、宝物のように見えて、落ち葉を集めていても、みんなと宝集めをしているような気持ちになります。

 休憩の時間には、やよいちゃんや永禮さんが、なぞなぞクイズを出題してくれたりして、和やかなムードの中でいられたことが、嬉しかったです。

 順調に作業が進み、午前の時間いっぱいで、ダンプの荷台満タンの落ち葉を集めてくることができました。

 その後に、永禮さんが、落ち葉堆肥を作る畑に、ダンプの荷台から落ち葉を降ろして下さったのですが、その落ち葉が落ちる光景に、みんなと感嘆の声を上げました。
 その光景を見ていると、達成感を感じて、満たされた気持ちになりました。

 

PC260090

 

 そのまま、午後も引き続き、永禮さんとみんなと落ち葉集めに行きました。
 事前に、永禮さんとやよいちゃんが、落ち葉がたくさんあるポイントを絞って、落ち葉集めを回るルートを偵察してくれていました。

 午後の落ち葉集めの印象は、「夢中になって、時間があっという間」というものでした。
 午前と一緒のメンバーで、午前の勢いのまま、みんなが同じ気持ちで、落ち葉集めに夢中になっていました。
 テミを受け渡しするときも、「はい!」という声から、その気持ちのやり取りをしているようで、気持ちも明るく、外向きになりました。

 作業をしていて、今、30分くらいたったかな、と思ったとき、やよいちゃんが、「ここで作業を終わりにします」と呼びかけてくれて、そのとき、私も含め、みんな驚いていました。
 それくらい落ち葉集めに夢中になって楽しんでいたんだな、と思って、嬉しい気持ちになりました。
 最後に見えた夕焼けがとても美しく、今日1日、落ち葉集めができて良かったな、という気持ちになりました。

 

PC260099

 

 行き帰りの車の中でも、明るい空気があって、その空気を感じられるのも、落ち葉集めならではだな、と思ったり、その空気感も大好きだなと思いました。
 今日も、永禮さんとみんなと、たくさんの落ち葉を集めてこられたことが嬉しかったです。

(ほし)

 

***

 

20221226_142747-1
〈いつもなのはなファミリーを応援してくださっている、地域の方から、アップライトピアノを頂きました! みんなで大切に使わせていただきます〉

20221226_142827

20221226_140857-1
〈軽トラックで、そっと運搬しました!〉