「積み重ねてきたこと」 りんね

12月17日

 今日は、ウィンターコンサートのゲネプロがありました。
 全員が揃い、本番通りのタイムスケジュールで、会場のアナウンス、緞帳の開閉もあり、照明も、本番同様でした。本番に近い緊張感で、向かっていくことができて、ありがたかったです。

 私は、「あなたの使命」を考えたときに、自分と同じ生きにくさを感じている人にとって、希望になることだと、思いました。
 今日は客席に、たった一人、その人が見ていることをイメージして舞台に立ちました。今までで一番、力強く踊れて、自然と笑顔を出すことができたと思います。

 やはり緊張してしまって、間違ってしまったことがあり、明日は落ち着いて、確実に役割を果たせるようにしたいです。

 明日は、今までみんなで積み重ねてきたことを、たった1回の本番で表現します。
 でも、これまでの過程が私たちにとってかけがえのないものでした。みんなのまっすぐな努力が、思いが、会場に来てくださった方々に、届くことを願っていたいです。
 明日また、古吉野に帰って来て片づけを終えるまで、しっかりした気持ちを持ち続けます。
 なのはなのコンサートを作る一人でいられることが、幸せです。たった一人に届くように、今の自分を全て、出し切ります。