12月16日(金)「良くなっていくことを願い続けて」

12月16日のなのはな

 ウィンターコンサートまであと2日。本番、ゲネプロを残して今日がラストの通し練習でした。お父さんが書いてくださった脚本で、みんなと通しが出来るのも、今日を含めてあと3回しかないのだと思うと、1回の通しがとても貴重で大切なことに思えました。

 平日だけれど、りゅうさんがいてくれて、一緒にホール入りできたことが嬉しかったし、午前中には、卒業生ののんちゃんや、しほちゃんも帰ってきてくれました。卒業生ののんちゃんは、『エンジェルス』のダンスを一緒に踊ってくれて、しほちゃんは、大人数ダンスの『スカイ・フォール』や、『リカバリー』のダンスを一緒に踊ってくれました。これまでぽっかりと空いたスペースに、パズルが組み合わさるようにのんちゃんとしほちゃんが、みんなの中に溶け込んで、自然に入ってくれて、一緒にステージの上に乗って、空気を作る1人でいてくれることが本当に心強くて、仲間がまた1人、1人と増えていくような気がしました。

 

 

 通しをする前に、お父さんがみんなに話してくれたことがありました。
 なぜ、コンサートをするのか、何を表現するのか。今、当たり前のように、暖かく寝られて、三食美味しいものを食べられて、安定して、平和です。でもそれは、私達も、誰も、当たり前のことではなくて、いつでも保証がなくて、すぐそばには底の見えない崖っぷちがあるということを、お父さんが話してくれました。

 傷つき生き辛さを抱えてしまった私たちは、崖っぷちが怖くて、崖っぷちのない保証があるところを探してしまったから、過去に苦しくなって、道を見失ってしまったのだと思いました。けれど、本当はそんな保証のある人生はないのだということ、すぐそばに崖っぷちがあるからこそ、その先に果たすべき役割や使命があるのだと思いました。

 

 

 私たちは、普通の人にはなれないのだと思いました。昨日よりも今日、今日よりも明日、良くなっていくことを願い続けて、破れかぶれではあるけれど、前のめりに生きている時だけ、心の中の悪魔を打ち負かして、強く、そして優しくあれるのだと思いました。みんなとコンサートに向かっている期間、たくさんの仲間が、一緒になって悪魔を追い払って、戦ってくれました。こんなにも心強い仲間が周りにたくさんいること、同じく志を持ってコンサートに向かえる期間が、本当に恵まれていて幸せだと思いました。

 たった1人のお客さんに伝えられたらいい、そう思えました。出来ているところも、出来ていないところも全てさらけ出して、私たちの生き方を、全身を使って表現しようと思いました。私たちが回復することが、まだ見ぬ誰かの道を切り拓いたり、世の中の希望になるのだと信じて、本当にそう出来るステージを作りたいと思いました。

 

 

 今日の通しを、昨日よりも良く、今日出来る精一杯の本番に出来たと思いました。今日、曖昧だと思ったところは、明日のゲネプロではくっきりはっきり、気持ちが定まるようにしたいです。今日よりも明日、前進できるように、気持ちを引き締めて向かいたいです。

 

 

 ロビーのセットや、飾りつけもみんなと進めました。なのはなファミリー農園のブースでは、なのはな産の果物を使った新商品が、可愛くラッピングされて並んでいたり、脚本の物語に出てくるグッズが実際に、ロビーに陳列されているのを見ると、とてもうれしい気持ちになって、ホールに来てくださったお客さんにも手に取ってもらえることが楽しみになりました。

(りな)