「みんなの中で回復していく」 ななほ

12月10日

 ホール入りまで2日となり、着々と、コンサートへ向けて演出の準備も出し、心の準備も整っていくのを感じます。
 大竹さんもなのはなに帰ってきてくれてから、毎晩、遅くまで舞台背景や大道具、小道具の製作をしてくださっています。

 昨日も、夕方に劇で使う「ミミズのような生き物」が完成したと言うことで体育館に持ってきてくださったのですが、それがとても可愛くて、魅力的で、つい、笑顔になったし、きっと、お父さんは大喜びだろうなと思いました。

 私は最近、1日の8割を体育館で過ごしているように感じるのですが、体育館でも舞台背景が着々と進んでいて、まえちゃんがデザインした舞台背景の下絵が、そのまま、立体になっていくのが本当にすごいなと思います。

 セロファンを使った飾りとか、丸がたくさんある舞台背景がとても可愛くて、華やかで、この舞台背景の前で演奏できると思うと嬉しくなるし、なのはなでは舞台背景も照明も、バンド演奏も、衣装も、どこか他の団体にお願いするわけでもなく、1から作るんだよなと思うと、改めて、そのスケールの大きさを感じるし、私もその中の1人として、自分にできることを精いっぱいしたいと感じます。

 今日の通し練習では、今までで1番、気持ちが入りやすく、役になりきれた感覚がありました。そして、楽しかったです。

 衣装も小道具もほとんど決まり、新しい演出もあり、メンバーも揃っての通し練習。
 660人のホールいっぱいになったお客さんをイメージして、緊張感を持って向かいました。

 今日の通し練習は最初の『スカイフォール』からみんなの気持ちが1つにまとまっているのを感じて、私もコーラスを歌っているとみんなと声が合い、みんなの中に溶け込むと同時に、大きなエネルギーが前に飛んでいくのを感じました。

 あなたが私であってもいいし、私があなたであってもいい。
 言葉だけではなく、こうしてみんながお互いに作る空気から、それを感じられるのは幸せだなと感じます。

 また、演劇も、今日は今までで1番、台詞に気持ちを乗せられた感覚がありました。
 演劇練習が始まってから、お父さんに台詞を言う時のアクセントとイントネーションの付け方が違う、台詞に気持ちや意志がないと教えてもらって、最近も毎晩、やよいちゃんをはじめ、おさらば3人組のみんなが台詞の練習に付き合ってくれています。

 その時間が本当にありがたくて、少しずつできるようになると、「ななほちゃん、それだよ! その感覚を忘れないで」「うん、すごくよくなった」と私以上に喜んでくれて、本当に仲間の存在があるから、私は諦めないでいられるんだなと感じます。

 今日、お父さんが、なのはなファミリーの活動の3本柱の1つが、コンサートの活動だという話をしてくれたけれど、本当にステージに立つと、自分のできてなさや、日頃の心持ちが全部出て、ものすごく情けなく、ストレートに課題や壁にぶつかります。

 でも、それを乗り越える楽しさや喜び、コンサートを通して得ることはたくさんあるのを感じるし、本当になのはなの環境、仲間が大好きだなと感じます。

 台詞が言えなくて大きな声を出す練習をしていたとき、まえちゃんが、
「絶対に大丈夫。みんなそれぞれ課題があって、ブレイクスルーするんだよ」
 と話してくれた言葉に救われたり、お風呂に入っていたらそっと、まことちゃんとあんなちゃんが温かいお湯を肩にかけてくれたり、お父さんとお母さんの脚本から、たくさんの気づきや答えをもらいます。

 私はまだ未熟で、理解が浅い部分、自分の幅が狭くて、融通が利かない部分も多いけれど、本当に今分からなくても、いつか分かるということがたくさんあるんだなと思うし、いつでも途中経過の自分も見せる意識、見られてもいいという気持ちで普段の生活から過ごしていたいです。

 私はこれまでずっと、完璧さとかゴールを目指して生きてきて、できない自分が情けない気持ちがあったけれど、今回のコンサートの練習を通して、それを改善しようとしないことの方が恥ずかしくて、全て自分の良いところも悪いところもさらけ出して、みんなの中で回復していくんだと改めて感じます。

 今も台詞を飲み込んでしまったり、理解が浅くて、まだまだ練習とか気持ちを深くしないといけないなと思うことばかりだけれど、なのはなのみんなは誰も馬鹿にしないし、いつでも真剣で、私にも真剣に真っ正面から向き合ってくれます。

 そして、コンサートの練習を通して、心の迷いや弱さがなくなっていくのを感じます。

 最近、お父さんが喜怒哀楽について話してくださり、 私はこれまでの人生でずっと、怒りの感情をセーブしながら生きてきたのを感じます。
 でも、本当に強く、優しく、ちゃんと生きるには、正しい喜怒哀楽を持つ必要があるのだなと思うし、私はちゃんと自分の殻を破って、本当に優しくなりたいです。

 私はずっと、よい子でいないといけない、ずっと優しくて当たり障りのない人でいないといけないと思ってきたけれど、本当によく生きるには、喜怒哀楽の怒りも正しく持つ必要があるんだなと感じます。
 私はまだ正しい怒りも持てていなければ、喜びや楽しい気持ちも浅いです。

 お父さんやお母さん、あゆちゃんを見ていると喜怒哀楽がハッキリとして、色濃く感じているのを感じて、深さとか、広さとか、幅を感じます。
 今回のコンサートで完全に自分の殻を破れるかは分からないけれど、新しい自分になることを怖がらずに、挑戦的な気持ちで残りの1週間も向かっていきたいです。

 久しぶりの日記となってしまったこともあり、本当はまだまだ書きたいこともたくさんあるけれど、練習も詰まっているのでこの辺で終わりにします。

 あゆちゃんが訳してくれたリカバリーの和訳にもあるように、自分の回復を自分でデザインし、自分で定義し、私が回復するオリジナルのサクセスストーリーを作る気持ちで、日々、自分のできていないところもそれを見て見ぬ振りをするのではなく、ちゃんと向き合って、よくなっていきます。

 あなたの使命。私の使命。
 コンサートに来てくださるお客さんに、仲間になってもらえるように、賛同して、希望を感じてもらえるようなステージを最後まで、作っていきます。

 追伸:夜の集合で、恥ずかしい気持ちと演じる楽しさ、面白さは別の所にあるという話がとても嬉しかったです。私も演じること、表現することを心の底から楽しんで、役になりきり、伸び伸びと今の自分の全部を出し切り、本気でコンサートに向かいます。