「天使の気持ちになって」 りんね

11月30日

〇エンジェルズの振り入れ

 今日は、『エンジェルズ』のダンスを、卒業生ののんちゃんから振り入れしてもらいました。
 ちさとちゃん、るりこちゃん、りなちゃんと、4人でダンスを踊り、その中心でまなかちゃんが歌うようになっていました。
 お父さんのお誕生日会のときに、さやねちゃんやあけみちゃんたちと考えた振りが、主になっていて、そこに変化がついたり、さらに踊りやすくなったりしていて、とても嬉しかったです。

 『オーバーパス・グラフィティー』と対照的に、『エンジェルズ』はとてもゆったりとした曲調で、ダンスもゆったりとしています。
 ゆったりとした中にも、サビで大きく回転するところや、フォーメーションが大きく変化して、斜めに一列で移動するところなど、天使が自由に飛び回るような、軽やかで大きい動きもあります。そういうところで、「大好き、大好き」という、まなかちゃんみたいに、大きな愛情を持った天使の気持ちになって、それを前に出すことができると感じました。
 曲のブリッジのところでは、のんちゃんが出てきて踊ってくれるようになっていて、そのことも本当に嬉しかったです。

 振り入れを一通りしてもらうと、午後の時間、ひたすら曲と合わせて踊る練習をしました。そこで毎回、のんちゃんに改善点を教えてもらったり、分からないことを質問して解消したりして、4人での認識を揃えていくことができました。
 まだまだ振りが入りたてで、不器用ではあるけれど、今の段階でできる限り揃えられたことが、嬉しくて、のんちゃんがずっと良くなるために見ていてくれたことが、ありがたかったです。

 夜の集合で、お父さんが、サウナと水風呂を交互に入る中で、自律神経が大忙しになって、大脳辺縁系がしずまることをお話してくれました。
 それとは少し違うかもしれないけれど、ダンスをとにかく踊ることでも、気持ちがすっとする気がします。もう明日で12月だというのに、1曲通して踊ると、半そでになってしまうくらい、暑いです。
 踊ることは、まだまだちゃんとできていないけれど、大好きです。
 みんなの中で、ダンスをさせてもらえることが、本当に幸せで、ありがたいことだと思いました。

 夜、『オーバーパス・グラフィティー』と『エンジェルズ』を、お父さんお母さん、バンドメンバーやみんなに、見てもらいました。
 とても緊張したけれど、大勢のみんなに見てもらえて、少し度胸をつけることができました。大きな拍手に、涙が出てきそうな気持ちになりました。
 もっと、ちゃんと振りを体に入れて、伸び伸びと踊れるように、次の通し練習で進化できるように、練習を頑張りたいです。

 今しがたお母さんがリビングに、舞台背景の原画に色をつけたものを見せに来てくれました。
 夢の世界に来たように、華やかで妖しくて、とにかくワクワクした気持ちになる、素敵な原画でした。
 なのはなのウィンターコンサートへ向かっていけることは、本当に幸せだし、この時間がかけがえのないものだと思います。
 お父さんが、いつなのはなのコンサートを見ても、全く別物だけれど、凄みがあるものにしたい、と話してくれました。毎日を大切にして、少しでもいい方向へ変わり続けたいです。