「優しく強く生きたい」 まなか

11月20日

 音楽合宿の時間が嬉しいです。
 集中するからか、夜も一瞬で眠ってしまします。

 みんなの演劇やダンスを見ながら、伝えたい気持ちを何度も考えます。
 とうこさんがギブソン邸宅で何に苦しんでいるのかを打ち明けてくれる場面では、自分で説明が付かなかった苦しみを代弁してくれているような気持ちになって胸がぎゅっとなります。

 その日、コンサートに来てくれたお客さんの中にも、きっと同じように苦しんでいる人がいると思うと、このコンサートで答えを受け取ってもらえるように、自分も伝える1人として精一杯で取り組んでいきたいと思いました。

 新しく私たちから動き始めなければならないということ、本当はどの人も利他心をたくさん感じたり届けたりしたいと本能で願っていることが伝わってほしいです。

 見ているさなかにでも、私がなのはなで生活してそう感じたように、自分の心の声をきいて、「確かにそうかもしれなかったな」と腑に落ちる感覚になってもらえたらいいなと思います。
 この脚本を自分にも深く落とし込んで、なのはなのみんなと一緒に本当の意味で優しく強く生きたいと思いました。

 最近、まつりが「にゃあ」とよく鳴きます。
 来てから最近までは喉がつぶれているみたいに声にならなくてぱくぱく鳴いていたのですが、猫らしい声で鳴いていると可愛くって仕方ありません。
 身体も大きくなって四角くなってきて、ぽてぽて歩いているのを見るだけで幸せです。

 今夜もいい気持ちでぐっすり眠れそうです。
 りさちゃんと畑を周って歩くのもとっても楽しみで、んふふと笑っちゃいます。