「心の1番上に」 みつき

11月8日

 夕食を食べ終わったあと、みんなで外に出て、皆既月蝕を見ました。
 それまで白く明るく光っていたのに、月は、すっかり食べられてしまうと、みるみる赤色に変わっていきました。
 まるで夜空に貼り付けたように、ぽつんと浮かんでいるのが、不思議でした。

 今日のように皆既月食と惑星食が同時に起こるのは、想像がつかないけれど、442年ぶりだと教えてもらいました。
「いくらみたい!」「えごまみたいじゃない?」「卵の黄身かなあ」
 同じひとつの月を見上げて、みんなで口々に言い合う時間が、とてもとてもうれしかったです。

 今日は、午後に『ドラムライン』のマーチング練習をさせてもらいました。
 後半の振り付けはなかなか激しくてむずかしくて、ちょっぴり混乱していたのですが、みんなで何度も何度もやっていると、身体に馴染んできた気がしました。

 最後の30分で、グラウンドにて、あゆちゃんが「青空マーチング教室」を開いてくれました。
 3と7のカウントのところで、カチッと動きと楽器を止めることを教えてもらいました。そこがうまく決まると、自分でも「決まった!」とうれしくなったし、あゆちゃんが、「みんな、どんどん揃ってくね!」と笑ってくれて、うれしさいっぱいになりました。

 靴で地面にラインを引いて場ミリをして、フォーメーションを意識して、動いてみたりもしました。あゆちゃんのすぐ後ろにはサツマイモがずらっと並んでいたり、須原さんやさくらちゃんたちが作業している姿もありました。
 広いグラウンドで、のびのび練習が出来て、なんだかとても気持ちよくて楽しかったです。

 今日からりさちゃんも、『ドラムライン』のスネアドラムを練習し始めていて、「むずかしいけど、とても楽しかった!」と笑って帰ってきてくれて、「また練習する時間あるかな?」と話してくれました。
 コンサートでりさちゃんといっしょに演奏できることがうれしいし、わたしも練習頑張りたいなあと、ぐんぐん気合が入りました。

 お父さんが、「今をしあわせに思うことが1番大事だよ」と、ハウスミーティングで話してくださいました。
 今をしあわせに思う気持ちを、ずっと心の1番上に置いておきたいです。けれども、浸りすぎないよう、いつも一生懸命で、謙虚でありたいです。