10月27日(木)「くっきりと鮮やかに コンサート大看板制作 ● 触角? 器械体操? プロフェッツ・ソングの新しい登場人物」

10月27日のなのはな

「ウインターコンサートに、ぜひお越しください!」
 12月が近づくと、会場の勝央文化ホールの前を通ると目に飛び込んでくるのが、大きな看板です。
 わたしたち看板部は、今回のコンサートを宣伝するための、大看板作りを進めています。
 今日は、緊張の「色塗り」の工程を行いました。

 

DP2Q0026
〈設計図を元に看板制作を進めていきます〉

 

 今回のデザインは、水色をメインに、黄色、朱色、紫色をアクセントに使っています。
 まるで、空に架かった虹のようなデザインです。

 この日のためにと、なっちゃんが用意してくれた、新品の防水絵の具。
 ペンキ缶のようなボトルに入っていたり、アメリカのケチャップのようなボトルに入っていたり……。こんなに大きな絵の具を使うことはあまりないので、なんだか心が躍りました。
 特に、黄色は『レモンイエロー』という色で、蓋を開けると、パッとはじけるような明るい黄色が、たっぷり詰まっていました。菜の花の色にも似ていて、わたしのなかで、お気に入りの色になりました。

 

DP2Q0015
〈大看板は、丁寧に水張りしたパネルを使います〉

 

 下書きの線をはみ出ないように、慎重に、端から筆を動かしていきます。ついつい、息をするのも忘れてしまいそう。
 まずは薄い色から取りかかり、それから濃い色に移りました。
 最後に塗った朱色と紫色は、少し難易度が高く感じました。色が濃いため、少しでもはみ出たりムラがあると、目立ってしまいます。
 そこで、マスキングテープを使い、きっちりと範囲を分けて色塗りをしました。

「まだかな、まだかな……」
 絵の具が乾いたのを確かめて、ふたりでマスキングテープを剥がしていきます。さて、仕上がりは……?
 テープの下には、色の境目がくっきりと綺麗に作られていました。大成功です!

 

DP2Q0025

 

 今回のポスターに合うような、ちょっぴり奇抜で、ポップなカラーの大看板。
 見ていると、ハッとするような、元気になれるような、そんな大看板です。
 大看板に向かっていると、「よし、本当にこの日にコンサートをするんだな」「この日までがんばっていこう」と、何度も気持ちが高まるのを感じました。
 この大看板で、たくさんの方に、コンサートを楽しみに感じて頂ければいいなと思います。

(みつき)

 

DP2Q0018
〈次回の作業では、文字入れを行います!〉

 

***

 

 午後はコンサートへ向けて、30分ごとに時間を区切りながら、バディに分かれてダンスをブラッシュアップ。
 最後の30分には、一昨日から始まった、『ザ・プロフェッツ・ソング』の練習をしました。

「千手観音ダンスのチームと、虫役がでてくるところを皆で合わせてみよう!」
 ゆりかちゃんが練習開始早々、そう言ってくれました。その瞬間、「楽しみ!」と喜び・期待の声があちこちから聞こえてきました。この曲には、古典フラダンスをおどるフラダンスチーム、千手観音のような動きをするチーム、虫のような不思議な動きをする役があり、私は今回、虫役をさせてもらうことになりました。

 ずっと、みんなと合わせられる日が来るのを楽しみに待っていたので、合わせると聞いたとき、飛び跳ねるくらい嬉しかったです。ピョンピョン、バタバタしながら触角のような棒をくにょくにょ、単純で面白いこの動きをしていると、幼い子供になった気分になり、不思議と心がぽかぽか、笑顔になりました。

 

IMG_1175

 

 そして、待ちに待った初合わせ。フラダンスチームが次々と倒れたところに私が登場し、しめしめという気持ちで動きまわり、さいごに千手観音チームがきれいな手の動きをしながら登場。それぞれ、きれいであったり、面白かったり、今までにない、独特だけれどなぜか見入ってしまう、そんな曲が完成しました。

 千手観音ダンスのチームはすでに細かいところまで練習してあり、一人ひとりの手の動きや顔の表情までもが音楽の世界に入り込んでいて、とても魅力的でした。私も、表情などもこれから練習して、形だけでなく気持ちまでも世界に入り込めるように、どんどんブラッシュアップして行きたいです。

 

IMG_1147

IMG_1137

IMG_1164

 

 全員での練習が済み、
(出来た。これからもっと良くなっていくのが楽しみ)
 と安心していると、「ももちゃん、虫さんに工夫加えない?」とゆりかちゃんから提案が……。
 夕食前の時間を使い、2人で考えました。その一工夫はというと、器械体操の床の技を入れること。ブリッジや側転でくるくると回りながらでてきたり、倒立をしたり、今回のテーマ「人体」に出てくる細胞をイメージしました。

「虫さんは可愛い! 技のほうは本当に細胞みたいでイメージに合ってるし、かっこいい! どっちも良すぎる!」
 と言ってくれて、照れてしまう部分もあったけれど嬉しかったです。どちらになるかは、お母さんやあゆちゃんと相談。ドキドキ・ワクワクです。

 コンサートへ向けて着々と練習や準備が進んでいます。私も一つひとつのことを大切にしていきたいです。
『ザ・プロフェッツソング』も完成したけれど、ちゃんと完成はしていません。私たちの気持ちと一緒に、どんどん進化し続けます! これからが楽しみ。

(ももか)

 

***

 

DP2Q0042
〈午後のはじめには『ドラムライン』の楽器練習も行いました。各パートの練習が進んでおり、今日は力強く息を揃えて曲を通す音が、古吉野なのはなのあちこちで響きました。マーチングの要素を取り入れて演奏するこの曲は、今週末に振り入れも予定しています。そこからは楽譜を手放し、全体でのパフォーマンスを仕上げていきます〉

DP2Q0046

 

***

 

 

DP2Q0005
〈11月下旬から2月にかけて収穫を予定している太ネギは、追肥や草取り、防除などの手入れを経て大きくなってきました。午前は、第4回目、収穫前最後の土寄せを行いました〉

DP2Q0002

DP2Q0010

 

DP2Q0012
〈コム3畑では、同じく11月から収穫するダイコンも、少しずつ太さを増しています〉