「なおちゃんのユーモア」 ななほ

10月19日

 朝食前の時間、ピーマンの収穫から戻ると、ちょうど、市ヶ谷博士(なおちゃん)にあったので、声をかけました。

「なおちゃん、ビューティフルピープルのこと、聞きましたか? とうこさん(やよいちゃん)とたかおさん(のんちゃん)が円の中心でペアダンスを踊るフォーメーションをゆりかちゃんが考えてくれたのですが、2人を囲む円のセンターに私がいることになり、みんなから、キューピッド? と呼ばれてしまいました。そして、サブボーカルには、てつおさん(さきちゃん)がいるんです。だから、博士も何かしてほしくなっちゃうなと思って……」

 そう言うと、すぐに、「じゃあ、博士はエアーボーカルかな」と言っていて、思わず吹き出してしまいました。

 本当に1分もない小さな会話だったのですが、なおちゃんのユーモアは朝から輝いていて、それだけで、(今日も1日、楽しい日だな)と思えることが嬉しいです。

 なのはなにいると、本当に何ができてもできなくても、何をしてもしなくても、いつもお互い様の関係があったり、小さな幸せを感じられる生活があります。

 コンサートの練習も本格的に始まった今、つい、不安の先取りをしてあれもやらなきゃ、これもやらなきゃと頭がいっぱいになりがちなのですが、いつでも、なのはなの空気の中には幸せがたくさん、たくさん溢れているのを感じて、(ああ、本当に安心できる場所だな)と温かい気持ちになりました。

 話は変わりますが、昨夜はアコースティックギター教室がありました。
 ここ1週間は、毎朝15分以上という予定を立てて、ギターの練習をしているのですが、やっぱり毎日ギターを触るだけでも、日に日に指が動きやすくなり、曲の流れを自然と指が覚えてくれています。

 今練習している『ハートストリングス』という曲はリズミカルでテンポも速く、また原曲の速さでは指が追いつかないのですが、昨日で一応、最後まで譜読みをすることができました。

 『ハートストリングス』を弾いていると、穏やかな気持ちになるし、なぜか、ずっと昔から知っているような感じ、共感できるところがあり、コンサートに向けて練習していけるのが嬉しいなと思いました。

 まえちゃんからは、「11月の第2週に発表会をします」と聞いているので、それまでに原曲をよく聞き込んで、なのはなファミリーらしい演奏、伝わる演奏にできるよう、気持ちも作って弾きたいです。

 夜にお母さんが、鳥の目で見るという話をしてくださったのも嬉しかったし、私もいつも誰かのための自分で、全体のための自分として今やるべことを考え、気持ちを使いたいなと思いました。