10月9日(日)「勝央町金時祭り代替イベント 出演」

10月9日のなのはな

IMGP5730

 

 おかやまファーマーズマーケット ノールヴィレッジで開催された、勝央町金時祭り代替イベントに出演しました。この日に向けて、表現者としての気持ちを作って、披露する演奏やダンスの練習を積み重ねてきました。

 私は、今回初めてバンドメンバーとして出演させてもらいました。音響のことや、担当するエレキギターの弾き方も、知らないところから始まりました。
 金時祭りの曲を練習する中で、同じバンドメンバーのみんなにたくさん知識を共有してもらって、フォローしてもらいました。

 

IMGP5544

 

「楽譜には、自分のパートしか書かれていないけれど、全体を知って、今はどのパートを聞かせたいのかを知ることが大切だよ。自分のパートではなくて、いつでも、どのパートであってもメロディラインを歌えるようにすることが大切なんだよ」
 あゆちゃんが話してくれました。

 バンドメンバーが誰一人欠けることなく、ぴったりと音が重なって、初めてなのはなの演奏が出来上がるんだと知りました。周りの人の音を聞いて、その中に溶け込むようにして音が出せたとき、一体感を感じて、とても嬉しい気持ちになりました。

 当日が、楽器の搬入・搬出・セットから始まりました。本番の演奏だけではなく、車を降りた時から一つのショーを見せる気持ちで、現地に向かいました。お昼に近づくにつれ、お客さんも多くなり、緊張も高まりました。

 

IMG_4119

IMG_4112
〈ファーマーズマーケット内には地元のさまざまな団体による出店がならびました〉
IMG_4145
〈芝生広場には特設ステージが組まれました〉

 

「間違ってもいい。間違っても、堂々としているんだよ。お客さんに見せる空気を作り続けるんだよ」
 ステージにスタンバイするときに、お母さんが全員に話してくれました。その言葉に、気持ちが引き締まって、背中を押してもらったような気がしました。

 舞台袖で待機しているときでも、衣装テントの中でも、ステージの上でも、なのはなの子として誇りとプライドを持っていたいと思いました。評価を怖がって自分に籠るのではなく、見せたい自分、なのはなファミリー全体をどう見てほしいのか、そのことを表情や、全身を使って表現するのだと思いました。

 私達の生き方を、バンド演奏や、ダンスを手段として、伝えて、お客さんに広げるのだと思いました。そう思うと、恥ずかしい気持ち、自分に籠るような気持ちが無くなって、全てを見られても構わないと思えました。

 

IMG_4161

 

 1曲目は『ザ・インビジブルマン』でした。私は、バンドメンバーとして出演しました。広い芝生広場に作られたステージの上に立つと、たくさんのお客さんの姿が見えました。その中に、お母さんの姿や、あゆみちゃん、たけちゃんの姿、応援組のみんなの姿が見えました。たくさんの家族に囲まれてステージを作ることのできるこの瞬間が、とても幸せだと感じました。

 

IMG_4200

 

 お客さんの中には小さい子供達もいて、興味を持ってキラキラした笑顔で見てくれていました。たくさんのお客さんがステージの前で足を止めて、真剣に私達のステージを見て、曲が終わるごとに大きな拍手をしてくださり、その度にとても満たされた気持ちになったし、一緒に表現するたくさんの仲間がいることが誇らしく思いました。

 

IMG_4441

IMGP6083

 

 芝生の上でのダンスは、平衡感覚が取りづらく、場見りのときも少し苦戦をしました。今日は、視野を広くして、周りに踊る人を感じながら踊りました。最終地点はどこなのか、どこに移動したいのか、プランを立てました。すると、フォーメーション移動がとてもしやすくなって、とても嬉しかったです。

 

 

 今回のステージでは、『テレヘ』や、ゆりかちゃんがソロで踊る、初披露のフラダンス『ア・レヴァ』、新しいハワイの楽器を取り入れて踊った軽快なタヒチアンダンス『オテア・ルミア』など全7曲を、あゆちゃんの語るMCで物語のようにつなぎながら披露しました。

 

IMG_4571
〈『ア・レヴァ』〉

IMG_4576

IMG_4607
〈『オテア・ルミア』〉

IMG_4660

 

 ラストの曲は、『サム・ナイツ』でした。藁スカートを着たダンサーのみんなが、マーチングドラムの5人を囲んで、芝生のステージいっぱいに踊ります。とても迫力があって、私達の気持ちにぴったりな曲です。
 ここにいる心強い仲間と一緒に、優しい世界を切り拓いていきます、そう誓う気持ちで演奏しました。ダンス、バンド、見て下さっているお客さんの間に、同じ空気が流れて、一体感が生まれるような、感覚がしました。私達の気持ちが伝わったんだ、そう思えました。

 

IMG_4749

IMGP6130

IMG_4801

IMGP6184

 

 演奏が終わって、小雨が降りだしました。これまでずっと堪えていたようでした。天も私達のステージを見守ってくれていたようで、温かい気持ちになりました。

 金時祭りが終わって、次は12月のコンサートに向けて、金時祭りで感じたことをこれからに生かしていきたいです。

(りな)