「しろくま通信」 ななほ

10月3日

「1月に流れる、17時のチャイムは?」
「お客様玄関側から見て、ロータリーの階段は何段?」
「なのはなファミリーにある掛け時計は全部でいくつ?」

 さて、この問いに一発で答えられる人は、どのくらいいるでしょう?

 ニンニクの選別選手権、ダンスの通し練習に引き続き、今夜のメニューはクイズリレー大会!

 畑の小チームに分かれての対決で、私は、るりこちゃんリーダーのしろくまチームでした。

 このリレー大会は、ただ走ってクイズに答えるという単純なものではありません。そう、答えるゾーンに行くまでに、いくつかの競技をする必要があります。
 例えば、お尻歩きからのスキップとか、卓球のラケットにピンポン玉を乗せたままダッシュとか、手押し車などです。

 私は、いくつかあるうちの、「リカバリーのステップ」で試合に参加しました。というのも、卓球のラケットはあまりにも自信がない、お尻歩きはえつこちゃんとあけみちゃんがやりたいとのこと、そんなわけで私はダンスのステップでした。

 よーいスタート! の合図とともに、私たちのチームからは、あけみちゃんとよしえちゃんが手押し車で走りました。
 その勢いの速いこと、もうあまりの速さと力強さで笑いが止まりませんでした。

 また、私たちのチームは体育会系、運動神経の良いメンバーがそろっていて、るりこちゃんの卓球ダッシュは誰も何も、文句なしの美しさとスピード感です。

 普通に走っていくスピードで、最後までピンポン玉を落とさずに走るるりこちゃんを見ていると、(こんな人も、いるのか!)という感じで、もし、まん丸に光る隕石が地球に落ちそうになったら、巨大ラケットを持ったるりこちゃんに、地球の周りを一回りしてもらいたいなと思います。

「お父さんの好きな食べ物ベスト3は?」
 問題には出場した回答者に加えて、1人だけ応援席から助っ人が駆けつけてよいことになっていたのですが、私も何度か駆けつけては、悔しい結果に終わりました。

 お父さんの好きな食べ物。私の中では、1位はマクワウリ、2位はトウモロコシ、そして3位は唐揚げか、マロングラッセだと思っていたのですが、実行委員さんのやよいちゃんとなっちゃんの答えでは、3位はオニオンスライスでした。

 それを見事にさくらちゃんが当てていて、(オニオンスライス?)と思ったのですが、お父さんが出張から帰ってきたら、最新バージョンの好きな食べ物ベスト3を聞きたいなと思いました。

 また、「なのはなファミリーが設立された日は、何年の何月何日?」という問題で、私は私の学年の2年前の4月10日と覚えていたのですが、(絶対分かった!)と思ってなつみちゃんを助けに行くと、思いっきり間違えてしまいました。

 私は2005年生まれだから、2003年の4月10日だと思っていたのですが、本当は2004年の4月10日。私は、自分が早生まれであることを忘れていました。ものすごく悔しかったです。

 全部で16試合くらいあったのですが、結果発表の時、真っ先に呼ばれたのが私たちるりこちゃんチームでした。結果は1位。

 何度も惜しく、悔しい思いをしたのですが、私となつみちゃんの意地でも勝ちたいという思いが届いたのか、全体で優勝でした。

 私となつみちゃんは、リレーの種目はもちろん、クイズも本気すぎて、自分でもあとから思うと恥ずかしいほどです。

「『みをつくし料理帖』の第4巻のタイトルはなに?」
 なつみちゃんも私も本の分野はなんとしても正解したいと頑張ったものの、私の頭の中には「思い雲」「小夜時雨」「残月」「美雪晴れ」しか浮かばず、「今朝の春」が思い出せませんでした。

 それで悔しい思いをしたのに加えて、「なのはなファミリーで一番広い畑は?」では、もう頭が止まってしまいます。

 結果的に、あんなちゃんが、「開墾26アール」と言った時、(もう、私たちに勝ち目はない)と思ったのですが、あとでなつみちゃんが、「那岐山3反のほうが広いよね」というので、「でも、それじゃあ田んぼじゃん!」といえば、「う~ん。悔しい!」となつみちゃんと私。

 それはいいとして、本当にリレー大会が楽しくて、夜の洗いでは喉がガラガラでした。

・しろくま通信

 話しは畑に戻りますが、私たちしろくまチームでは、るりこちゃんが「しろくま通信」を週に1度、発信してくれています。

 そこには1週間にした作業や、みんなへ連絡、一緒に考えたいこと、ニュースなどを私たちチームの全員が書き込めるようになっていて、るりこちゃんの気持ちが優しいなと思いました。

 タイトルの「しろくま通信」の隣にはしろくまの親子のイラストがプリントされていて、こんな風にチームの空気を作ってくれたり、作業を進めたり、みんなが分かりやすいように、チームで誰のことも1人ぼっちにさせないるりこちゃんが優しくて、綺麗だなと感じます。

 これに限らずだけれど、いつもるりこちゃんの小さな心配り、気遣い、工夫に助けられたり、笑顔をたくさんもらったり、るりこちゃんのことが大好きな気持ちが膨らんでいき、しろくま通信を通して畑チームのみんなと繋がっていられることが嬉しいなと思いました。

・コスモス

 最近は朝から夜までダンス、コーラス、畑、編集、遊びと盛りだくさんで、日記に書きたいことが山ほどあります。

 朝に、あんなちゃんと軽トラックで津山のほうまで行ったときに、あんなちゃんから施肥設計の考え方や、今年、桃に使う肥料についてを教えてもらったり、コンサートの話をしたり、あんなちゃんがいろいろな話をしてくれて、とても楽しかったです。

 そして、今日1日で私が一番、目に焼き付いたのはコスモスでした。

 吉畑横に咲いているコスモス。そこは、今ではピンク色の絨毯が敷き詰められたようで、コスモスの小さな丘ができています。

 夕方、バンペイユとバナナの水やりをしに行く道中で、ちょうど、まなかちゃんに、「ななほちゃん、カメラ」といってカメラを渡されたのですが、水やりの前にコスモスの前で立ち止まって、写真を撮りました。

 ピンク色のコスモス。ピンクにも濃いピンク、薄いピンク、グラデーション、マゼンダがあったり、時々白が混ざっていると本当に素敵でした。

 もうすぐ日が落ちる空をバックにコスモスの写真を撮るだけで心が穏やかになったし、ちょうど、ハウスのほうに来たまなかちゃんが、「ななほちゃん、カメラ貸して!」といって、写真を撮ってくれました。