「オクラの森」 ななほ

10月2日

 オクラの森、オクラの森。
 オクラの森は毎朝、朝露注意報が発生。収穫をするにも、ただ畝間を歩いているだけでびしょびしょになってしまうため、オクラコートは欠かせません。

 今朝はオクラの収穫といったら、必ず一緒という、よしみちゃん、みつきちゃんに加えて、なおちゃんと収穫をしました。
 朝、起きてレインコートに着替えたとき、(あ、これはなおちゃんの分も必要な気がする)と思い、2人分、レインコートを持って畑に向かいました。

 畑に行くと、みつきちゃんがニヤッとしながら、
「ななほちゃん、今日、大荷物だね。どうして、レインコートを着ているのに、もう1枚持ってきたの?」
 というので、「これは、博士の分!」と言いました。

「なおちゃん、レインコートを着てくるかな?」
 とみつきちゃんと話していたとき、ちょうど、なおちゃんがこちらに向かって歩いてくるではありませんか。それも、半袖を着て。

 嬉しいと言ったら、なおちゃんに対して失礼かも知れないけれど、博士にレインコートを渡せると思うと、嬉しくてつい、私までニヤッと笑顔になります。
「博士、オクラの畑に朝露注意報が出ています。よければ、このレインコートをどうぞ!」

 私の言葉に一瞬、キョトンとしていたなおちゃん。すぐに、レインコートを着て私も一緒にオクラの森へ入りました。 

 あとで、よしみちゃんが、
「ななほちゃんがなおちゃんにレインコートを渡している光景、どこかで見たことがあると思ったら、ナナポンが博士に熊のぬいぐるみを渡しているところだった!」
 と笑っていたり、朝食の席でも、オクラの畑となおちゃんの話しで持ちきりでした。

 今年のオクラは1枚の畑に密度濃く、株が植わっているため、常に両サイドにオクラの葉が茂り、今では360度、どこから見ても収穫している人の姿が見えないくらいの茂りようです。

 そのため、収穫をしていると、
「あれ? 誰もこの畝にいないと思ったら、向かいからみつきちゃんが来ている!」
 と言うことがあったり、気がついたら隣の畝に脱線して、また戻ってきてと言うこともあるくらい、オクラの森はジャングルです。

 この1か月くらい、オクラはいくつもの花を咲かせて、今朝も12キロのオクラが採れました。

 収穫が終わったとき、なおちゃんが、
「レインコートのおかげでびしょびしょにならずに済んだ。オクラの収穫が、こんなに過酷だなんて」
 と言っていて、思わず笑ってしまいました。

 私も今期初めて、オクラの収穫に入った日、普通のピーマンやゴーヤと同じ作業服で畑に行ったら、肌着まで着替えなければならないくらいに、びしょびしょになったのを覚えています。

 畑からの帰り道では、なおちゃんとウィンターコンサートの話しや、人体についての話しをしながら歩いてきて、ただ、なおちゃんが横にいてくれるだけで、博士がいるような安心感があって嬉しかったです。

・選手権

 ここ数日は、なのはなの至る所で〇〇選手権が開催されています。
 
 私も昨日はキャベツの植え付け選手権、ニンニクの皮むき選別選手権に参加し、今日はニンニクの植え付け選手権に出場しました。

 やっぱり、選手権となるとみんなの負けず嫌い魂に火がついて、私も含め、スピードアップします。

 よーい、開始という合図と共に畑の中の空気もガラッと、集中モードに切り替わり、みんなの返事の声も動きも厳しく、鋭く、力強くなって、それをみんなが楽しんでしている空気が私も大好きです。

 ニンニクの植え付けでは、昨日の夜に皮むき選別選手権で用意したニンニクを使ったのですが、小さな一かけのニンニクから、芽が出てまた、ニンニクができると思うと本当に野菜の生命力はすごいなと感じました。

 この日は魚とり畑で植え付けを行い、思っていた以上に畑に植わるニンニクの量が多くてハードスケジュールとなってしまったのですが、植え付けも早く、水やりもジョーロでやったのに、20分足らずで終わりました。

 というのも、隣の畑の方が畑の中に軽トラックを入れて良いよと言ってくださったことが早く終わったことに繋がっていて、移動距離も短く、水やりをしていると時間が飛ぶように過ぎていきました。

 今日は4時~6時で作業だったため、6時に近づくにつれて空が暗くなってきたのですが、夕焼け空のピンクに染まった空や、真っ赤な夕日が落ちるところを見られたり、日が落ちてからも空が幻想的で美しく、達成感を感じました。

 作業をしていたら、さやねちゃんがにこっと満面の笑みで笑いかけてくれたり、やよいちゃんたちとあることをきっかけに笑ったり、そんな小さなシーンが1つ1つ、宝物になっていきます。

 ニンニクの植え付けが初めてだったみちよちゃんも、「植え付けが楽しかった。時間があっという間に過ぎてしまった」と言ってくれて、みんなで楽しく最後まで終わらせられたことが嬉しかったです。

 夕食の時間には少し遅れてしまったのですが、なっちゃんやみんながしりとりをして待ってくれていて、無事に夕食をみんなでいただけました。

 ここ数日は、天ぷら御膳や、イカリングフライ、ジャガイモフライ、なのはなさんの米粉で作ったクッキー、ナスの炒め物、ゴーヤの炒め物と毎食のように、りゅうさんのスペシャルメニューが続き、動ききったあと、すぐにおいしい食事をいただけるのがありがたいです。

 今から衣装部の集まりに行ってきます。

 昨日から夜の時間にダンスのバディ練習も始まり、あゆちゃんに見てもらったリカバリーのダンスをバディで細かく揃えたり、お仕事組さんに伝えたりできる時間が嬉しいです。

 また、日中にはリカバリーのコーラスの音入れをせいこちゃんやさとみちゃんがしてくれて、とても綺麗なハーモニーで、また踊りながら歌えることが嬉しいです。

 もちろん、金時祭りに向けての練習も進んでいます。オテアルミアはもう少し目線や動きの可動域などまで細かく揃える必要があるのですが、今夜、のんちゃんが見てくれる予定です。

 他にも、ブラッククイーンやインビジブルマンのコーラス練習をしたり、たけちゃんも一緒にインターバルウォーキングや筋トレをしたり、音楽ダンスメニューと畑、金時祭りの練習が同時並行で進んでいき、私も上手に気持ちを切り替えながら、その場その場でベストを尽くしたいなと思っています。

 最後に、夕食の時になっちゃんが、ウィンターコンサートのチラシがプリントされて届いたことを教えてくれました。

 まえちゃんが作ってくれた噂のチラシ、ポスターがどんな物なのか、とても楽しみだし、いよいよ、コンサートが近づいてくるなと思い、踊ったり、演じたり、表現できる機会がたくさんあることが、とても嬉しいです。