10月2日(日)「精一杯の音楽を、人生を ――『リカバリー』コーラス練習 & 白い赤ちゃん、土ともみ殻で包んで」

10月2日のなのはな

 ウィンターコンサートに向けて、『リカバリー』のコーラスの音入れを、せいこちゃんや、さとみちゃんにしてもらいました。

 『リカバリー』は、大人数で踊る曲として、ダンス練習を日々重ねています。卒業生ののんちゃんが振りつけてくれた、星空や、原子、宇宙を思わせるような、壮大なダンスがあり、この曲を踊っていると、心が解き放たれていくように感じます。
 今回、初めてコーラスの音入れをしてもらって、この曲がより深く、好きになりました。

 

IMG_3064

 

 コーラスが始まるのは、パッと視界が開けるような曲の一部分でした。せいこちゃんやさとみちゃんたちが作ってくれたコーラスは、一音一音、シンプルだけれど美しいメロディで、ソプラノとアルトが重なると、教会の中にいるような、神聖な空気が感じられました。
 また、サビではボーカルと同じ旋律を歌うところがありました。

――keep soaring, keep song writing

 願い、祈り、意味を深めるように、何度もその歌詞が繰り返されます。
 あゆちゃんが、「昇れ、登れ。そして曲を作り続けよう。精一杯の音楽を、人生を作り続けよう。それが僕の、回復記だから」と和訳してくれた歌詞でした。
 それは、私たちが回復していくことと重なっていて、この曲は、本当になのはなの、私たちの曲なのだと感じました。

 

IMG_3032

IMG_3015

 

 短い時間での音入れだったけれど、自然と歌うことができるようにも感じました。図書室に、みんなの声が音の波のようになって響いたとき、本当にきれいだったな、と思います。

 切実な曲だけれど、なのはなの仲間と一緒なら、希望を持って表現していけることが、とても嬉しいです。
 今回は音入れをするところまででした。また、あゆちゃんのコーラス練習で、曲の深い意味や、歌い方を教えてもらって、より深くコーラスを歌えるようになるかな、と思って、そのことも楽しみです。

 

IMG_3067

 

 コーラス練習の後には、りゅうさんが鉄板を持って、手作りの米粉クッキーを届けにきてくれました。
 シナモンがほのかに香る、ほろほろとしたクッキーの中に、優しさや温かさを感じて、ほっこりとした気持ちになって、みんなで頂けたことが、とても嬉しかったです。

(りんね)

 

IMG_8064

IMG_3092

IMG_3085
〈台所では、りゅうさん、ひでゆきさん、ひろちゃんが米粉クッキーを焼いてくれました。よりしっとりと美味しいクッキーのために、研究が重ねられているようです……〉

PA020077

 

***

 

PA022087
〈コーラス練習のあとは畑に出て、暗くなる前に野菜の手入れや、桃畑の草刈りなどを進めました。昨日植え付けたばかりの、下町川上畑の冬キャベツに、ネキリムシよけの草敷きや防虫ネットかけをし、一安心です〉

PA022098

PA011784
〈ハウス栽培のアスパラ菜が順調に大きくなっています〉

 

***

 

 段々と涼しく過ごしやすい気温になって来た夕方。今日は、ニンニクの植え付けをしました。植え付けたのは、皆の思い出のもの……なぜかというと、昨晩やよいちゃんたちが開催してくれた「ニンニク選別大会」で、一生懸命、無我夢中で選別したニンニクだったからです。そんな、思い出のあるものだったため、(これを植えるのか……)と、なんとなく、しみじみとした気持ちになりました。

 

PA020888

 

 いつもの植え付けのように、畝立てからスタートしました。魚取り畑の土は少し硬く、クワ初心者の私には難しく大変でしたが、顔をあげて周りを見ると一生懸命に畝を立てているりなちゃんや皆の姿があり、その姿はかっこうよく、夕日に照らされていたこともあり、いつも以上に輝いて見え、(よし、頑張ろう!!!)と強く思い、皆の後ろ姿を追いかけるように必死にクワを動かし、土を掬いました。

 そして、一生懸命畝を立てた後、なんとなく手に痛みを感じ、ふと見るとまめが出来ていて、頑張った結果なのかと思うと少し誇らしい気持ちになりました。

 

PA023007

 

 畝立てのあとは、遂に植え付けです。私は、しなこちゃん達が開けてくれた小さな穴に、ぽとっとテンポよく種ニンニクを入れていき、手を離すと吸い込まれるように自然と入っていって、とても気持ちがよいものでした。雪のように白くきれいなニンニクは、まるで赤ちゃんのようで可愛く見えました。

 そのあとは、皆と一緒に、もみ殻と土をかぶせていき、やよいちゃんが、
「先端の緑の部分を少し出し、それ以外の部分はしっかりと土を寄せてあげて、もみ殻はたくさんかけると、ちゃんと芽が出るよ」
 と教えてくれて、(しっかりと埋めて、もみ殻たくさんっ!)と心で唱えながら、優しく包み込むように小さい子を守るような気持ちで植え付けを進めていました。

 

PA020894

 

 す・る・と……やよいちゃんから最近よく聞く合図がかかりました! 「植え付け選手権を始めまーす」私は、(恒例の……今回も負けないぞ!)と、さっきまでの穏やかな気持ちから、絶対勝つぞというメラメラと燃える強い気持ちに変わりました。
 そう変わったのは、やはり私だけではなく、皆同じだったようで、目の色そして体勢を変え開始の合図を待ち構えていました。

「よーい、スタート!!!」
 いつにも増して元気な合図とともにスタートした選手権、無我夢中で手を動かし始めました。
 質とスピードを常に意識して行うのは難しく、慣れないのもあり1回戦目は負けてしまいましたが、1位だったりなちゃんのやり方をよー-くよー---く見て、全部吸収するぞというくらいの気持ちで、見よう見まねで2回戦目に挑戦すると、1粒の差で念願の1位をとることができ嬉しかったし、改めてりなちゃんの凄さを感じました。

 

PA023008

 

 最後は、大事な大事な水やり。なのに、夕食まで残り20分……時間がなー-い!!! 焦る気持ちもあり、ジョウロから出る水がいつもよりも少なく感じ、まるで砂時計を見ているようでしたが、皆でラストスパート、絶対終わらせるぞという同じ強い思いで水をやっていると、お仕事から帰ったばかりのどれみちゃんが、助っ人として来てくれました。ピンチだった時に仕事服で駆けつけてくれた姿は、本当にヒーローのようでした。

 ヒーローの力もあり、18時よりほんの少し遅れてしまっただけで、無事に水やりを終わらせることができ、嬉しく達成感がありました。

 

PA023011

 

 段々と暗くなり、太陽が沈み始め、きらきらと川に映っている、とてもきれいな景色を背景に、無事に終えることができたニンニクの植え付け。楽しく終えたあとの達成感、そして感謝の気持ちで胸が一杯になりました。

(ももか)