「ハウスの修繕作業」 さくら

9月28日

 今日は1日、崖崩れ道路側ハウスの修繕作業をしました。
 北側の歪んだパイプ15本を、元の形に修正しました。パイプをトラックでグラウンドまで持ち帰ってくるときには、引っ張ると締まっていくロープの通し方を須原さんが教えてくださって、竹などを運ぶのにも使えそうだと思いました。

 馬の上に道板を乗せて、ベニヤ板をのせてビスをもんで、パイプ修正台を作りました。まず、正しい形のパイプを乗せて、マジックで型取りました。修正が必要なパイプを乗せて、マジックからはみ出ている歪んだ部分が正しい形になるように、曲げたいところに木っ端をつけて、修正していきました。平面で見たときのゆがみだけでなく、縦にゆがみがあるものは、木を下に入れて、回らないようにパイプレンチなどを使って抑えながら、伸ばしていきました。
 午前午後で、パイプの修正を終えることができて、明日、パイプを立てる準備をできて嬉しかったです。

 金時祭りに向けて、バンド練習をしています。 
 ボンゴやコンガを叩くとき、今までは叩くだけで精一杯だったのだと思いました。少しずつ、理想の音をイメージしながら自分の出している音を聞くことができて、その感覚が今年はじめて感じているもので、嬉しいです。
 どれくらい努力したか、どのくらい誠実に取り組んだか、ということでしか、本番に自分を納得させられるものはないと思います。
 驕りがあってはいけないと思いました。謙虚に、ウィンターコンサートに繋がっていく日々を大切にしたいです。

 今日も1日ありがとうございました。