9月25日(日)「勝央金時祭代替イベント 50分間の演目が決定 & バンド部の音響機材勉強会」

9月25日のなのはな

 勝央金時祭でのステージに向けて、バンド演奏とダンス、コーラスを合わせました。
 これまで、バンドとダンスそれぞれに練習を重ねてきて、いよいよ全体で合わせるのだと思うと、緊張と、心躍る気持ちで体育館に集まりました。私は、担当しているベース・ギターをセットし、合わせに臨みました。

 1曲目は『インビジブルマン』。
 曲の冒頭、かにちゃんの叩くドラムの劇的な入り、そしてまえちゃんのギターソロ、バンドメンバーの生み出す音楽。ダンサーのしなやかな動き、大人数のコーラス。1人ひとり、1つひとつ、パートが集結して、世界を作っている。
 個々で練習してきたよりも、明らかに、演奏は楽しく、世界は鮮やかに動いていると感じました。

 

IMG_0627

IMG_0643

 

 金時祭のステージは、フラダンスが主となる演目です。
『レインボー』『イン・マイ・ライフ』『テレへ』。

 そして、私たちのフラダンスのリーダー、ゆりかちゃんがソロで踊る『ア・レヴァ』。
 ゆりかちゃんのダンス、あゆちゃんの歌う息づかい、せいこちゃんのピアノ。
 この世界を壊さぬように、心の手で、ベースを重ねます。

 

IMG_2274

IMG_2253

 

 『オテア・ルミア』、そして締めくくりは『サム・ナイツ』。
 稲わらで作ったスカートを履いて踊る『サム・ナイツ』は、エンディングにふさわしい華やかさがあり、この収穫の季節にぴったりの曲でもあります。
 まだ衣装は着ていなくても、ダンスを踊るみなの笑顔、そしてコーラスを歌うみなの表情から、私も誇りを持ちました。

 

IMG_2341

 

 金時祭りの演目はここまでですが、『ブラック・クイーン』も、ウィンターコンサートへ向けた練習として、バンドメンバーで演奏しました。

 なのはなファミリーのステージを、なのはなでしか作れない世界を、みんなと作れることが嬉しいです。
 みんなが輝ける土台を、安定して、太く、密度の濃いベースを演奏できるように練習に向かいます。

(さやね)

 

***

 

 ウィンターコンサートへと準備を進めていく部活動。第2回目の今夜、バンド部では、音響機材の種類とそれぞれの役割について、まえちゃんが講義をしてくれて、みんなで勉強しました。
 今まで、配線の作業に入らせて頂いた時は、あゆちゃんや、まえちゃん、かにちゃんの指示に従って、シールドを機材に繋いでいたけれど、一体どういう仕組みで音が出ているのかは、ちゃんと分かっていませんでした。

 楽器の音は、マイクを通して、ミキサーに送られ、さらにパワーアンプで増幅されて、スピーカーから出ている。この回路の仕組みを、まえちゃんが噛み砕いて説明してくれて、理解することができた有難い時間でした。

 

P9250012

 

 一通りの講義を終えた後は、あゆちゃんが、メンバーの楽器の音が出ないときや、中音スピーカーに音が返ってこないと言ったトラブルがあったとき、一番にどこの繋ぎの不具合を見るべきかというクイズなども出してくれて、より理解が深まりました。次回は体育館での実技講義を受けられるみたいです。

 音響トラブルがあっても、バンドメンバーの誰もがすぐに対応できる。そんななのはなバンドに進化していけることがとても嬉しいし、来週も楽しみです。

(せいこ)

 

***

 

IMG_1973
〈「今度、米粉パンを作ろうと思っています」――いろいろな食材で美味しい料理を作ってくださる、りゅうさんの言葉に、楽しみにしていた米粉パンが、おやつに配られました。製粉した米粉100パーセントの、小ぶりのパンには、手作りのシナモンペーストとアーモンドがのっており、優しい甘さが広がりました〉

IMG_1981