「一番嬉しかった時間」 るりこ

9月23日(金)

 今日から3連休で、お仕事組さんとも過ごせる時間が多くて嬉しいです。
 今朝はナスの収穫から始まりました。

 昨晩、ちさとちゃん、やよいちゃん、せいこちゃんたちとお父さんに相談をさせていただいて、今日は先日の台風の影響で傷ついた実をすべて取り除きました。
 一時は台風の影響で実だけじゃなく、株全体もダメージを受けて弱っている印象があったのですが、昨日の雨後から水分をよく吸って、また復活したように見えました。艶のあるきれいな実がたくさん穫れて、コンテナ数でいうと、17コンテナも収穫をすることができ、ここ最近では最多でした。
 明日に追肥もするとのことで、秋ナスもまだまだ期待できそうだなと思います。

 午後にミズナの種まきと、園芸の苗の種まきをしました。
 園芸は、春の花壇に向けて、パンジーとネモフィラと矢車草をまきました。
 パンジーは全部で6種類の色があって、そのなかでも特に気になるのが、『ブロンズシェード』という色です。種袋には、「花色はアプリコットとサーモンを混ぜた」というようなことが描かれてあって、一体どんな色のパンジーが咲くのか楽しみです。

  ***

 今日一番嬉しかったのは、夜の集合でお母さんが『じごくのそうべい』を読んでくださったことでした。
 お母さんが大好きな絵本だと聞いて、わたしはタイトルしか聞いたことがなく、表紙のイラストをみる限りだと、少し恐ろしい話なのかなと思いました。
 ですが、お母さんの第一声を聞くなり、一度に絵本の世界に入り込んで、あゆちゃんがページをめくるたびに、次は一体どんなことが待っているのだろうと、本当に幼いこどもに戻った気分になりました。
 お話の内容も本当におかしかったけれど、その面白さをお母さんが声でいっそう表現してくださって、楽しさが何十倍にも広がって、この時間がずっと続いて欲しいなとものすごく心が満たされた気持ちでいっぱいになりました。 
 わたしも幼い頃に好きな絵本はたくさんあったけれど、もしお母さんが読んでくださっていたら、もっともっと絵本が大好きなこどもになっていただろうなと思って、本当に本当に嬉しい時間をお母さんとみんなと過ごせて、幸せな集合でした。