「吸収できること」 つき

9月17日

 今朝は今季初、収穫と嫁入りに入って、ピーマンとナスの収穫をしました。コメントでみんなから様子をたくさん聞いていた畑に行って、間近で作物を見ると、この夏にさきちゃんやせいこちゃんたちが気持ちを切らさずにピーマンやナスを見続けて、みんなで手入れをしてくれていたピーマンやナスが、私は何もしていないのに、すごく大切で身近なものに感じられました。野菜は話さないけれど、たくさん愛情を注がれていることを感じて温かい気持ちになりました。

 午後のダンス練習の後は、アスパラ菜とセロリの定植をしました。流れ作業でみるみるうちに進んでいく作業がすごく楽しかったです。大人数作業ならではの楽しさでした。
 自分のちょっとした変化にも気づくことができました。苗置きの時のことです。セロリは、いっちくだっちくの4条植えだったので、最初は1人の人が1条目と3条目に40センチ間隔で苗を置いていき、その後を追いかけてもう1人の人が間々に置いていく、という方法で行っていました。

 けれど、最初に苗を置く人は3条目を置く必要はあまりないのではないか……1条目だけを40センチ間隔で置いていってくれたら、それに合わせて他の条をどんどん置いていけば、もっと効率が良くて速いかもしれない……と思って、やよいちゃんに言っみました。すると、「確かにその方が速いね」と言ってくれて、すぐに提案した方法に変えて進めてくれました。

 私は考えないで、リーダーさんの指示に従うだけになりがちでしたが、そのことに気づいてからは、自分だったらどうするか、いつも効率よく考えている人はどんなふうに考えて、行動しているのか、ということを意識しながら作業をするように心がけていました。そうしているうちに、その癖が少しずつついてきて、無意識にでも考えられるようになってきたと感じています。だから、今日は自然と頭が働いたのだと思います。まだ簡単なところからしかできていないけれど、きちんと頭と心を使って仕事をすることの楽しさや大切さを日々感じて、自分に身につけていけることが嬉しいです。これからももっと高いレベルでできるように高めていきたいと思いました。

 それに、野菜の嫁入りでも定植でも、久々だったのに不思議とすごく動きやすかったです。この夏はずっと桃作業だったので、毎日自分なりに考えて、高い質で作業を行っていくことが必要でした。もちろんあんなちゃんのプランや指示があってこそだけれど、それだけでは桃作業はできなくて、桃メンバー全員が頭と心を使ってお互いを助け合っていたから乗り越えることができたのだと思います。その中で、あんなちゃんの仕事の仕方や気持ちの使い方を学ばせてもらいました。

 頭と心を使う、質の高い仕事とはどういうものか、身をもって毎日実感させてもらえた環境にいさせてもらったからこそ、違う作業に入った時でもスッと自分の動き方や、全体の流れが分かりやすくなったのかな、と思いました。

 改めて、桃作業で得られたもは大きいと思いました。私が感じている以上に、たくさん吸収できることがあって、それを全て吸収することはできないかもしれないけれど、少しでも自分の身になって、成長できていると思えたことが嬉しかったです。

 今日は、るりこちゃんの誕生日でした。
 るりこちゃんが大好きです! ユーモアのある、るりこちゃんにしか書けない文章をかけるのが素敵だと思います。お互いに冗談を言い合ったり、突っ込み合ったり、話す時間も大好きで、私にとって大切な存在でいてくれます。桃の収穫では、るりこちゃんが手元をしてくれると、一緒になって早採りになっていないかを真剣に見てくれて、すぐに言ってくれるので、るりこちゃんが手元だとすごくやりやすかったし、的確に収穫ができて、本当に助けてもらいました。桃の事務でも、絶対に間違えてはいけないような神経を使う仕事だったと思うけれど、抜かりなく毎日こなしていって、ちさとちゃんを助けていたるりこちゃんがすごく格好良かったです。

 今は、一緒に金時太鼓に行けることも嬉しいです。毎日練習を積み重ねて、一生懸命に誠実に向かっているるりこちゃんが本当にすごいな、と思います。私も背筋を正されるし、これから一緒に太鼓を演奏できることが本当に楽しみで嬉しいです。
 とにかく、るりこちゃんが大好きです! いつもありがとうございます!