9月14日(水)「『リカバリー』ダンスに込める思い & 稲刈りも順調 機械刈りの応援へ!」

9月14日のなのはな

 ステージの上に、パッと現れる星座やドーパミン、グリシンなどの分子構造。
 卒業生ののんちゃんが振り付けてくれた『リカバリー』のダンスは、なのはなファミリーのオリジナルな振り付けで、大人数ダンスだからこそ、表現できる世界があります。
 この曲は卒業生のしほちゃんも一緒に踊ってくれて、ウィンターコンサートではラストの曲の予定です。

 

IMG_0573

 

 リカバリー。回復。
『リカバリー』のダンスは、初めにみんなで星座や分子構造になるのですが、曲の流れ星のようなシュッという音と共に、回転して、私も星の一部になります。

 1人1人、カウントや振りが違うため、覚えるのが難しいのですが、自分がどこのカウントで、どんなポーズをするのかを頭に入れて、何度も繰り返し通していく内に、自然と身体が動くのを感じました。

 

IMG_0809

IMG_0574

 

 また、中間では花火のように端から複数人の手が回っていき、パーンと花が開ける振り付けや、3つのチームが代わる代がわる、ステージの端から端までを舞います。

 私もあけみちゃんたちと7人でステージを上手から、下手へ回転したり、飛んだり、時には、片手片膝をつき、もう片方の手足を真上に上げたりと、踊っていると、身体が自由になって、このまま空に飛んでいけそうな気持ちになります。

 自分を縛っていたものから解放されたような、もう何にも縛られない、自由にのびのびと生きていく。そんな振り付けは、私たちにぴったりのように感じます。

 

IMG_0822

 

 まだ、『リカバリー』のダンスが始まってから2日ほどなのですが、今日で一通りの、ダンスの振り入れが完了しました。

 午前中は少人数で踊る振りをのんちゃんに教えてもらったのですが、のんちゃんが見せてくれる振りは、本当に美しく、伸びやかで、華があります。

 ただ手を前に出すにもピーンと出せば子供っぽく見え、スピードはそのままでふわっと出せば、大人っぽく、情緒的に見えます。
 こんな風に素敵なお手本や、理想をのんちゃんの姿からイメージできると、自分たちもそこを見て練習したり、振りを身体に入れられるのがとてもありがたく、嬉しいです。

 

IMG_0745

IMG_0761

 

 ダンスを踊っていると、今の自分がどうであっても、未来にきっと、誰かのために生きられるようになるんだと強い気持ちになります。
 
 リカバリー。回復。
 この曲をウィンターコンサートで仲間と踊れることが嬉しく、私たちが回復した先にある希望や、力強く、今の時代の先頭に立って生きていくという気持ちをこのダンスで表現したいです。

(ななほ)

 

***

 

P9140330

 

「お父さんチームのコンバインが、那岐山3反田んぼを刈っています。あと5周ほどしたら刈り終えてしまうので、室内にいるみんなで、今、応援に行けたら嬉しいです」

 ゆりかちゃんが放送をかけてくれたとき、のんちゃんに見てもらいながら、ダンス練習をしているところでした。振り入れが完了して、一区切りついたところだったので、ダンスメンバーのみんなと急いで玄関下に向かいました。

 ゆりかちゃんが運転する車で、那岐山3反田んぼに向かいました。車窓から見える田んぼの景色も、全面が黄金色に染まっていた時期は過ぎて、稲刈りがされている田んぼがほとんどになりました。

 見渡せるほどの広い田んぼのあぜ道を、どんどん走って行きます。点々と、稲刈りをしているコンバインの姿があって、その中に、お父さんチームのコンバインもありました。

 

P9140412

 

 ちょうど、コンバインの排出オーガが伸びて、脱穀したお米をコンテナに流し込んでいるところでした。先端から止めどなく流れていく大量のもみを見ていると、とても満たされた気持ちになりました。あゆちゃんや、先に応援に着いていたみんなが軽トラの上に乗って、コンテナに山盛りになりそうなモミの山を必死に均している光景も、温かい気持ちになりました。

 

P9140347

P9140415

 

 モミがいっぱいになったコンテナを軽トラに積んで、あゆちゃんがライスセンターへ届けてくれました。その間、お父さんがコンバインで刈り進めます。さくらちゃんが、ひえ取りをしたり、倒れた稲を起こして、コンバインが刈りやすいようにしてくれていました。

 ちょうど、お父さんが一周刈り終えた時にあゆちゃんが空のコンテナを積んで、ライスセンターから帰ってきてくれました。稲刈りチームのみんなが、何も言わなくても阿吽の呼吸で協力していることが本当に凄いなあと思いました。

 

P9140400

P9140422

 

 田んぼの畦に座って、お父さんの稲刈りを応援しました。お父さんのコンバインは4条刈りで、そのスピードにとても驚きました。お父さんのコンバインが前から進んでくる光景を見ていると、コンバインの前に突き出た刃のようなもので、倒れた稲も一瞬にして持ち上げてコンバインの中に流れていくのが、まるで稲を食べているかのように見えました。稲が止まることなく次々に流れていく様子が、波のようでとても綺麗でした。

 那岐山3反の田んぼは、奥行きがとても長いけれど、コンバインはずんずん進んで、長い一辺を刈り上げるのに数分もかからないぐらい速く思えました。

 

P9140431

 

 永禮さんチームの稲刈りの応援にも行きました。永禮さんチームは、諏訪神社の田んぼを刈ってくださっていました。私達が到着すると、永禮さんが満面の笑顔で手を振ってくださって、とても嬉しかったです。

 稲の香りをいっぱい吸って、お父さんや永禮さんが稲刈りをしてくださっている光景をみんなで座って見ている時間が、とても幸せに感じました。

 

P9140423

 

 今年もお米が豊作で、美味しい新米を頂けるのも、播種や、田植えや、たくさんの手入れを積み重ねてきたからだなあと思って、とてもありがたいことだなあと思います。みんなで新米を頂ける日がとても楽しみです。

(りな)

 

***

 

P9140333

 

 今日も1日、機械刈りでの稲刈りを進めました。
 昨日に引き続き、私は永禮さんチームを手伝わせて貰いました。

 午前中は諏訪神社手前中田んぼから刈り始めました。
 本当に良い天気でさらっと乾いた稲を見ると、綺麗に光っていてうんと良い気持ち。
 昨日教えてもらったように、四隅を刈っていったりコンバインの補助をしていきます。

 

P9140430

 

 トラブルもなく、ずんずん進んでいきます。
 今日の田んぼは、遠くにお父さんチームも見える場所で、進み具合が見られたのも面白かったです。

 あっと言う間に1枚目を刈り終えて1枚下の田んぼ、諏訪神社手前下に進みます。
 次の田んぼは少し広く、他の田んぼよりコンバインからコンテナに移すお米の量が多かったです。
 だんだん作業にも慣れてきて、もっと楽しめるようになってきました。

 

P9140342

 

 途中、他の作業に向かうみんなが見に来てくれたり、台所さんからは、お弁当や冷たいシュガームーンスムージーをおやつに頂いたり、家族みんなが稲刈りを応援してくれている気持ちを感じて、元気がたくさん湧いてきます。

 

〈田んぼでいただいたシュガームーン・スムージー〉

 

 永禮さんやまえちゃんとお昼を食べたり、冷たいお茶を飲みながら、「暑いねえ!」「あと少しだねえ!」と話す時間も温かくて嬉しかったです。
 作業をしながら周りを見ると、少しずつ草木の葉が色づいてきていたり、赤とんぼが飛んでいたり、畦には彼岸花が咲いていたりして、秋を感じられました。

 

P9140367

 2枚目をしていると、近くの田んぼに移って刈り始めてくれているお父さんチームの姿が。
 諏訪神社方面の最後の1枚はお父さん達と一緒に合流して刈ることになりました。

 最初は私達のチームが先に入ったのですが、田んぼはかなり広くて、時間内に終わるかなあと思いました。ところが、後から入ってきたお父さんの乗っているコンバインが動き出したのを見てびっくり! 4条刈りは本当に速くてパワフルで大きくて驚きました!

 

P9140377

P9140380

 

 田んぼに2台のコンバインが動く姿もパワフルでとてもかっこいい! ずっと見ていても飽きないなあと思いました。

 広い田んぼもみるみるうちに刈り終えて、この2日間で目標としていた田んぼの機械刈りを終えることができました!
 とっても楽しかったので、少し寂しいですが、満ち足りた気持ちをいっぱい感じられて幸せでした。
 私は機械に乗ったわけでもなく、ただお手伝いをさせてもらっていただけなのですが、全部終わったときには、ものすごい達成感で気持ちが良かったです。

(まなか)

 

P9140388