「幸せな場所」 やすよ

9月9日 

 私は、今、なのはなにいさせてもらって、自分がみんなに本当に好きでいてもらって、肯定してもらっていることを感じています。そのことが、とても嬉しいです。

 今日も、夕方帰ってきて、みんなと洗濯物を畳んだり、みつきちゃんと一緒に洗濯機を運んだり、あゆみちゃんとたけちゃんたいちゃんと一緒にたけハウス帰るところにお付き合いさせてもらいました。

 みんなと過ごしていると、それだけで、好きな気持ちや、嬉しい気持ち、しあわせな気持ちを共有したり、それをもらっているような気持ちになって、胸がいっぱいになります。

 たけちゃんは、あゆみちゃんに抱っこされながら、たくさんあゆみちゃんにお話をしていました。私は、たいちゃんが乗ったベビーカーを押させてもらっていたのですが、たいちゃんの顔が見えないので、時々「ここにいるよー」と言って顔を見ると、たいちゃんがにこーっとした可愛い笑顔を向けてくれました。

 ここのところ、たいちゃんと一緒に過ごせていなかったのですが、表情が一段とはっきりしたなと思い、また、その笑顔がとっても可愛くて、嬉しい気持ちでした。

 あゆみちゃんの家に着いた時、あゆみちゃんが「やすちゃんありがとう!」と笑顔を向けてくれて、その後すぐにたけちゃんも「ありがとう!」と言って笑ってくれました。なんだかもう、本当に満たされた気持ちがして、嬉しかったです。

 嬉しいなと思う反面、今、背筋が正される思いがしています。

 本当に、最後のツメを確実にすること。認識の歪みと、モラルやその他諸々についての、甘さをなくすこと。
 自分でそうすると決めて、その自分を演じていくこと、演じ続けることだと思いました。
 私には今、これからずっと一緒に生きていきたいと思える大切な人、仲間、家族がいます。
 なのはなとも、ずっとずっと繋がっていたいです。
 みんなが自分を肯定してくれ、背中を押してくれるように、私も、後に続く誰かのために進みたいです。

 

 今夜は、みんなとセブンブリッジ大会をして過ごせました。
 お仕事組のみんなが歌ってくれた「セブン」というトンボの替え歌が最高でした。

 私はるりこちゃんとペアで、るりこちゃんのことをだいぶドキドキさせてしまったのですが、波乱万丈ののち、罰ゲームは免れるというドラマが起きました。

 ハラハラドキドキして、笑って、みんなと楽しめて、嬉しかったです。

 私にはこんなに素敵な家があって、家族がいて、世界一幸せな場所だと思います。