「ずっと忘れない」 るりこ

9月4日

○達成感と、そのあとの嬉しさ

 暑い日だったなと思います。でもそのなかで、みんなと思い切り畑を駆け回って、疲れたと思ったときほど動くと、自然と気持ちもついてくるのだなと改めて感じた日でもありました。

 午前は卒業生のいとみちゃんとさきちゃんも一緒に、新ハウスとユーノスハウスのキュウリの撤去をしました。ハウスの中は暑かったけれど、やよいちゃんが指示をしてくれるなか、流れるように作業が進んでいきました。
 いとみちゃんとも、さきちゃんとも、一緒に畑作業をするのは初めてだったけれど、2人とも前からやっていたかのように、その場の空気や動きにはまって動いている姿が格好良くて、一緒にできて嬉しかったです。

 株の撤去から、ネット、支柱の解体、畝崩しと、工程はたくさんあったけれど、最後には自動運転でみんなが足りていない場所に入って終わらせていく空気感のなかにいて、わたし自身も動きやすくて、気持ちの良い作業でした。

 汗をたくさんかいて昼食に行ったら、りゅうさんや台所のみんなが野菜の天ぷらを揚げてくれていたり、大きな梨もついていて、水分を欲している身体にそのみずみずしさが染み渡るように美味しかったです。

 午後からはアスパラの追肥とササゲの草取りに、大人数のみんなと行きました。
 午前で結構体力を使って、始まりは身体が少しきついかなと心配しましたが、いざ牛肥のバケツリレーが始まって走り出したら、そんなこと一瞬で忘れて、無我夢中でみんなとバケツを繋いでいきました。

 わたしは列の先頭に立たせてもらい、テミに入った牛肥を畝の上に撒いていく人になり、りなちゃんやなつみちゃんがテミを手渡してくれました。
 アスパラ畑は少し足下が悪くて、動きづらいところが多かったけれど、りなちゃんもなつみちゃんも飛ぶように身軽に走って、牛肥が入ったテミを、「はいっ!」と大きな声で手渡してくれて、そんな2人の力溢れる姿にわたしも引っ張られて、テミを持って畝間を全力で走っていると、どこまででも体力が続いていきそうな感覚さえしました。

 畝にはこれでもかというほど、約1.8トンの牛肥をたっぷりと撒きました。
 植えたばかりの幼い株もあったので、また来年、アスパラがたくさん穫れたらいいなと思います。

 やよいちゃんが初めに目標に立ててくれたのは、「1時間で追肥を終わらせる」でした。
 作業が始まったのは2時半過ぎだったのですが、ちょうどエルフの荷台の牛肥を撒ききった時点で、時刻が3時半で、本当にほぼ目標通りに作業を終えることができました。

 身体は汗でびっしょりで、終わって一息ついたとたんに喉がものすごく渇いていることに気がついて、「お茶~!」と飲みに行こうとしたら、手前にいたさやちゃんが爽やかな表情で、「お茶、ないよ」と。「えっ! なんで?」と聞いたら、大きなジャグにたっぷり持ってきたはずのお茶が、何かの拍子で傾いて中身が全部こぼれてしまっていたようでした。

 その場にいたみんなとガーンとショックを受けて、しばし放心状態になって、のんちゃんがお茶を取りに行ってくれている間、日陰で待っていたら、遠くにまりこちゃんの姿が見えました。

「あっ、まりこちゃん」と誰かが言ったら、まりこちゃんがどんどんこちらに近づいてきます。そして何か大きなものを両手に抱えています。
 遠くから見て、白いタッパーに鮮やかなグリーン色が見えて、誰かが、「マクワスムージー?」と言いました。「え~、それはないでしょ」と言っていたら、どんどん近づいてくるまりこちゃんの手元の正体が見えてきました。

 まさか、まさかの誰かの一言が大当たりで、キンキンに冷えたマクワスムージーでした。まりこちゃんが手渡してくれたマクワスムージーは縁日でいただいたときのものと同じように、カラフルで太いストローがささっていて、冷凍マクワウリもごろごろと入っていました。
 みんなとたくさん走って、汗をかいて、無事に終えた達成感でいっぱいのなか、みんなと日陰に座っていただいたマクワスムージーは、コメントでなつみちゃんが言っていたように、こんなに美味しいものはないかもしれないと思う、世界一の美味しさでした。

 身体も芯から冷えて、心もお腹も満たされたら、またエネルギーが満タンに戻って、そのあとのササゲの草取りも思い切り頑張れました。
 身体を冷やす効果って、こんなに体力が戻るのだなと知ってすごいなと思いました。

 今日は本当に暑かったけれど、自分のことは横に置いて、みんなのなかでみんなと思い切り畑を走り回って、楽しめました。
 みんなと走って走って繋いだ、バケツリレーのアスパラの牛肥まきの達成感と、そのあとにみんなといただいたマクワスムージーの味は、ずっと忘れないなと思うほどに最高でした。