9月3日(土)「蛇淵の滝へ! いざ川遊び!」

DSC08455

 蛇淵の滝に川遊びへ行ってきました! 今日のなのはなの記事はななほせいこがお送りします!

DSC08525

ななほ
 昨夜、お父さんから「明日は蛇淵の滝に行きます」と聞いた時は、驚きましたね。突然のサプライズ。そして、その日はせいこちゃんのお誕生日ということもあり、せいこちゃん、初めて行く蛇淵の滝の第1印象はどうでしたか?

せいこ
 思ったよりも涼しくて、空気が澄んでいて気持ちのいい場所でした。川についてすぐ、私は裸足になって川に足をつけて水遊びをしていたのですが、水がとても冷たく、気持ちよかったです。そして、ふと上を見上げたら、ななほちゃんたち、木から垂れた枝でターザン遊びをしていたよね?

DSC08460

ななほ
 そうそう、すっごく楽しかった。最初は木が折れてしまうんじゃないかと心配もしたんだけれど、りゅうさんが乗っても平気で、思う存分、木にぶら下がって遊んだんだ!

せいこ
 お父さんよりも先についた私たちは、お父さんの到着を待つ少しの時間でさえも、充分川を満喫してたね。目に入るものすべてがアトラクションに見えてしまう感じだった。

DSC08476

ななほ
 そして、全員が到着したら、お宝探しゲーム&船作り、開始!

せいこ
 初めにあゆちゃんが蛇淵の滝の伝説をしてくれて、その伝説に出てくる三歩太郎とその母親である大蛇にまつわるお宝を見つけようと意気込みました。

DSC08480

ななほ
 せいこちゃんのチームでは、どんなお宝が見つかったの?

せいこ
 きれいな石をあゆちゃんやなるちゃんたちと一緒に川の中で探して、でも思ったより変わった色の石やピカピカとした石はなくて、全部一緒。
 「ザ・石」というような石が多かった。これはお宝になるにはちょっと、パンチがないというか、特徴がないような感じで。
 ふと、あゆちゃんの方を見たら、あゆちゃんが必死で小さい石をガリガリと、大きな岩に削っていて、「見て、この石。すっごいきれいな色が出るよ」と言っていて、本当に淡い茶色のような色が出る石があった。
 見ようによっては見過ごしてしまうような石なんだけれど、そんな風な味方をしたら、一気に宝物に見えて、きれいな石を探すから、きれいな色が出る石を探すという宝探しになったかな。

DSC08557

ななほ
 確かに。川に行くと、普段何気なく見ているものが、どれもお宝のように見えるよね。

せいこ
 ななほちゃんのチームは、どんなお宝を見つけたの?

DSC08543

DSC08554

ななほ
 私たちは川の上流の方に向かって歩いていったんだけれど、その道中でも、「この苔、蛇の鱗みたいだからとっておこう」「この葉っぱ、蝶々みたいな形をしている」と何度も立ち止まっては、前に進んでいたんだ。そして、「あ、これなんだろう?」とドングリの冠のようなものを手に取ると、なんだかプニプニ、ふわふわとした感触。どうやら、キノコみたいで、驚いた。

DSC08502

せいこ
 あの星型のキノコ、すっごく可愛かった。

ななほ
 帰ってから調べてみると、フクロツチガキというキノコで、別名「地上の星」というみたい。お宝を探しながら、木の上に鳥の巣を見つけたり、船の材料集めもしたんだ。

DSC08602

DSC08599

せいこ
 私のチームは初めに、どんな船にするかを考えてから材料集めに入ったんだけれど、みんなが私の誕生日にちなんで「せいこちゃんの26歳の船出」というテーマで船を作ろうっていうことになったんだ。材料は結構シンプルで、細い木の枝を数本、つるみたいなので縛って、その上に苔を敷いて、作りが堅実で、今思うと、私っぽいなと思った。ひろこちゃんやどれみちゃんが、盛男おじいちゃんから教えてもらった編み方で、船の土台を作ってくれたんだ。

DSC08582

ななほ
 26歳の船出。とっても素敵なテーマだね。私たちのチームは、大蛇の母をテーマに船を作ったのだけれど、まえちゃんが器用に水に浮かぶ船の土台を作ってくれて、私たちはひたすら、つるや装飾品となる木の実や葉っぱを集めていたんだ。

DSC08563

せいこ
 気が付いたら、お昼ごはんの時間になっていて、川辺で食べる手創り桃ジャムとスモモジャムのサンドイッチは、めちゃくちゃ美味しかった。みんなに、お昼もお祝いしてもらって、夢のように幸せでした。

ななほ
 人生で一度しか訪れることのない、せいこちゃんの26歳の誕生日を蛇淵の滝でお祝いできて、私たちも嬉しかった!

DSC08585

せいこ
 お昼ごはんのあとは、集めた材料でさっそく、船作りとお宝発表のプレゼンテーションを考えながら、集めた石のパレットとなる、きれいな岩をよしみちゃんが見つけに探しに言ってくれたんだ。

ななほ
 私もりゅうさん、まなかちゃんと「せっかくだから、川で尻相撲をしよう!」となって、ビショビショになったあと、なにやら雰囲気のある石を運ぶよしみちゃんに出会ったんだ。

DSC08574

せいこ
 私もりゅうさんたちの盛り上がった声を聞いて、(何をしているんだろう?)と不思議に思っていたけれど、尻相撲をしていたんだね。
 そういえば、ちょうどその頃に紫色の実がついた植物を見つけて、「それを水に溶かしたら、きれいな色水になるんだよ」とあゆちゃんが教えてくたんだ。それを聞いて、ぜひやりたいと思い、バケツに水とたくさんの紫色の実を入れて、濃いブドウ酒(本当には飲めません)を作ったんだ。
 個人的には少し遊びすぎたかなとも思っていたんだけれど、みんなが「お祝いのブドウ酒として、船に乗せよう」と喜んでくれたんだ。
 お宝の方は、きれいな色の出る石をそれぞれ、パレットに書いて、せっかくだからこの石から出る色に新色の名前をつけようとなったんだ。

DSC08616

DSC08621

ななほ
 例えば、どんな新色が生まれたの?

せいこ
 最初にあゆちゃんが見つけた、淡い茶色はきなこ色。小豆っぽい味わいのある色が出たものは、大納言。みんなのお気に入りは、キナリに近い白色のものをクチナシ色とネーミングしたんだ。そんな風に色を出していたら、アイシャドウのパレットのようになって、「大蛇がかつて、人間に化けるために使っていた化粧道具」というお宝になったんだ。

ななほ
 
私たちのチームもほしちゃんが、三歩太郎のポシェットを見つけてくれて、それと星型のキノコ、蝶々の葉っぱをお父さんの、お宝鑑定団に出品したんだ。

DSC08660

せいこ
 
いよいよ、鑑定タイム!

ななほ
 それぞれのチームで見つけてきたお宝に予想額を付けて、お父さんがそのお宝の価値がどうか、本物かどうかを鑑定士になりきって、評価してくれたね。

DSCF8160

せいこ
 鑑定の時は、自然とお宝鑑定団のBGMをみんなが口ずさんでいたね。私が印象に残ったのは、お父さんチームが見つけてきた、三歩太郎の歯ブラシセットで、その中の少し黒い模様の入った石があったんだけれど、それをお父さんが「これは、三歩太郎の虫歯。正真正銘の、本物です」と言っていたのには、思わず笑ってしまったよ。

ななほ
 それも、歯ブラシ称した葉っぱは、「ただの葉っぱです」といい、歯磨き粉と称したキノコは「これはただの、キノコです」と言っていて、面白かったね。

DSC08669

せいこ
 それと、ちさとちゃんチームのお宝。大蛇の引いていたお琴も、印象に残っている。あれは、お父さんは「これは、正真正銘のお琴だけれど、雷に打たれたあとがあるから、鑑定価格が下げました」と言っていて、ちさとちゃんチームが考えた物語に、お父さんがさらに面白いエピソードを付け加えている様子に、鑑定団らしさを感じたね。本当に面白かった。

DSC08752

DSC08696

ななほ
 私はやっぱり、せいこちゃんのチームの化粧パレットには驚いたよ。本当に石で鮮やかなピンクやオレンジ色が出ていて、私も欲しくなってしまうくらい。
 実際に、お父さんがお母さんにアイシャドウとして塗っていて、そこにお父さんが小型の懐中電灯で本物かどうかを確かめている仕草をしていた時は、吹き出してしまった。

せいこ
 私たちの予想価格は60万ナノだったんだけれど、鑑定士のお父さんが出した結果は130万ナノで、間違いなく大蛇が使っていた化粧道具で、13色あるから1色10万ナノだったみたい。私たちも高価格に驚いたよ。
 最後には、それぞれのチームで作った船が実際に流れるか、船流し大会をしたね。

DSC08774

ななほ
 私たちのチームの船は、三歩太郎を探しに大蛇の母が川を下れるようにとイメージして船を作ったのだけれど、無事に船が沈むことなく、流れていき、お父さんとお母さんから高得点をもらったんだ!

DSC08805

DSC08783

せいこ
 私たちのチームの船も丈夫だったから遠くまで流れていったんだけれど、最後の方に大きな岩に引っかかってしまったんだ。でも、おおむね26歳の船出は成功という感じかな。

ななほ
 流れていく船も、流れていかなくても、お父さんチームが作った船が転覆したときに、お父さんが口をあんぐり開けて、悔しそうに「45点」と握った拳を下げていた時は、それはそれで、なのはならしい勝負、誰もが本気でよいものを、よい作品を目指して遊んでいるのを感じて、安心したね。

DSC08797

せいこ
 初めての蛇淵の滝。大好きなみんなと思う存分遊んだ感じがした。

ななほ
 私も、何歳になっても川とか山、自然の中で自然のものを使って遊ぶのは楽しくて、喜びを感じて、こんな風に物事を見ながら成長していけることが嬉しいな。

DSC08817

せいこ
 それと、今までの人生の中で一番、幸せな誕生日でした!

ななほ
 せいこちゃんにとって、いい1年になりますように。また、蛇淵の滝へ行きたいな! 本当に楽しかった!