「大切な時間」 ふみ

8月25日

 昨日の夜のことになります。
 太鼓の練習に行ってきました。昨日は竹内さんはいらっしゃらなかったため、かにちゃんがみてくれて、基礎練習をしました。

 みんなで輪になって、最初は二分、四分、八分音符の刻みを打って練習しました。
 私は、昨日は大太鼓で基礎練習をして、宮太鼓とは違った身体の使い方をするので、宮太鼓とは違うところが筋肉痛になりました。
 後ろに反って、手を後ろにもっていき、太鼓を打つ瞬間に力を入れるときに、体幹にも力が入って、全身で大太鼓に向かいました。

 かにちゃんが、このくらいの速さで打つというのを、チャンチキで打ってくれました。大太鼓を大きな音で叩こうとすると、かにちゃんのリズムから遅れてしまうことがあり、大きな音を出そうとして、力が入ると少し遅れてしまうことがわかりました。

 大太鼓を叩くときに、勝央金時太鼓保存会の、ゆいさんのことが頭に浮かびます。
 演奏会のとき、ゆいさんが大太鼓を全身で叩き、表現する姿が本当に格好よくて、すごく印象に残りました。
 ゆいさんが全身で表現していたように、ゆいさんをイメージして、基礎練習をしました。手だけで打つと、バチに打たされている感じがして、自分がぎこちないように感じてしまうけれど、全身を使って打つと、余計な力が少し抜けるように感じました。

 大太鼓が本当に楽しいなと感じます。
 少し身体が疲れているなと思っていても、太鼓を叩かせてもらうと、すごく気持ちがすっきりとしたり、気持ちが前向きに明るくなるのを感じます。
 次の日は筋肉痛になるけれど、身体と心を鍛えさせてもらえることが有り難くて、毎週の太鼓の時間が私の楽しみの一つでもあります。

 太鼓を叩くと、気持ちがシャンとするのと同時に、前向きな意欲に変わっていくのを感じます。
 太鼓に行ける時間が、私にとってすごく大切だと感じます。
 強くなっていけるように変わっていきたいです。成長していけるように、みんなと太鼓を頑張りたいです。