8月25日(木)「朝の収穫チーム オクラの花美しく & ナス追肥に向けて、草取り」

8月25日のなのはな

 ナス、ピーマン、ゴーヤ、オクラ、モロヘイヤ、空心菜、マクワウリ。
 今シーズンも、たくさんの夏野菜が、豊作です。
 マクワウリの畑では、次から次に収穫できて、なかなか前に進めない、軽トラに乗っていたコンテナも全て満杯になるという模様です。

 

P8251845
〈大雨によって一度はすべての支柱が倒れてしまったゴーヤも、良い状態に持ち直してくれています。写真は苦味の少ない白いゴーヤ、「白願寿」です〉

 

 朝の時間に、チームでわかれて、野菜の収穫に回っています。
 この頃は、野菜の収穫は朝のルーティンになっていて、朝の空気の中、新鮮な野菜を収穫していると、身体も覚醒してフレッシュな気持ちになり、それから1日のスタートです。
 最初にマクワウリの収穫を、収穫メンバー全員で行ってから、各野菜の収穫に分かれます。

 

P8250135

 

 今日、私は、オクラの収穫をしました。
 オクラの上品な黄色い花を見ると、心が癒されます。

 オクラは、8センチの基準を満たしたものを収穫していきます。
 最近、オクラの収穫に入らせてもらうことが多く、そのたびに、基準もどんどん、自分の中に入っていくようで、極めていくのが楽しいな、と感じます。

 

P8251846

 

 昨日、オクラに追肥を行ってから夜に雨が降ったため、先日見た時よりも、開いている花がたくさんあり、ますますオクラが活気づいているのが、嬉しいな、と思いました。

 最近、オクラも最盛期で、1回の収穫で17キロほどで、今期で一番多い収穫量で、3人で収穫に行って、全員の持っていた収穫かごがパンパンになるくらいです。

 たくさん収穫できた日は、とても豊かな気持ちになります。
 古吉野に戻ると、他の野菜も、コンテナに入ったものが次々に運ばれてきます。

 

P8250128

P8251853

 

 夏野菜を食卓に届けるために頑張りたいなと思うし、夏のこの時期に、夏野菜の収穫を楽しみたいな、と思います。

(ほし)

 

***

 

「よし。なるべく早く追肥できるように、草取り終わらせよう!」 
 と言い合って、私たちはナスの草取りを始めました。

 午後の時間は、近日行う予定の牛肥の追肥に向けて、ナスの草取りを進めました。午後は、みんなが、細々とした作業に分かれることになり、畑の面積に対して、人数は少なかったけれど、ナス担当のせいこちゃんと、畑Bチームのリーダーをしているしっかり者のさきちゃんという強力なメンバーでの作業は、心強かったです。

 最近の草取りの作業では、お父さんが教えてくださった「追い越し方式」で進めていましたが、今回は人数も少なかったし、ナスの畑は畝を短く区切っていることもあって、1人1畝間に入って両サイドの草取りをし、1スパン終わったら次のスパンに入るという方法で進めてみようと3人で話しました。今日は朝に雨が降っていたので、土がやわらかくて畝の上の草もスポッと抜けていき、気持ち良く草が抜けていくのが嬉しかったです。

 

P8250145
〈今季初めて試みている、エクセル線を使ったステルス支柱は、ナスのそばに竹がないぶん、畝の手入れをしやすいです〉

 

 最初は1スパン9分目標で始めたところ、どんどんスピードがあがっていき、終盤の方になると1スパン6分ほどで草取りが終わっていきました。

 同じスパンには居なくても、すぐ隣のスパンで、せいこちゃんとさきちゃんが草取りをしていて、私が、「今○分経過です!」と声をかけると、2人が元気よく返事で答えてくれて、2人の存在にとてもパワーをもらったなと思います。

 3人で時間いっぱいひたすら草取りをし続けた結果、ナスの畑全面の草取りを終わらせるという目標には届かなかったけれど、畑の3分の2ほどの草取りを終わらることができて、

「3人にしては上出来だよね。私たち、よく頑張った!!」

 とせいこちゃんとさきちゃんと一緒に話しました。終わったナスの畝を見ると、草取りをする前より本当に綺麗になっていて、これだったらナスにも牛肥の追肥ができそうです。

 残りのスパンの草取りも、みんなでやれば、さくっと終わりそうなので、追肥前にみんなで終わらせて、みんなで気持ち良く牛肥の追肥ができたらいいなと思います。

(よしみ)

 

***

P8250100
〈藤井先生が来てくださり、夜7時から9時まで、木版画教室がありました。今の作品を仕上げたら、年賀状にも取り掛かりたい……計画を持ち、かつ夢を広げて、完成まで頑張ります〉

P8250098

P8250099