「みんなの存在が私の中に」 ふみ

8月19日(金)

 

 

 昨日の夜の会が本当に嬉しかったです。

 昨日の日記にも書かせてもらったのですが、お父さん、お母さんのライブを久しぶりに聞かせてもらって、みんなと過ごせた時間が楽しかったし、元気が出ました。

 今日は、帰ってきてから金魚すくいチームのみんなと明日の縁日に向けて、準備を進めました。受付から、ゲーム中の進行など、シュミレーションをして、明日に備えて最終準備を明日の午前中にして、みんなと縁日を楽しみたいです。

 金魚すくいチームでは、秘密のネックレスが登場するのですが、そのネックレスはりなちゃんが考えてくれて、みんなで作りました。
 ネックレスはとても可愛くて、みんなにも見てもらえることが楽しみです。

 

 今日は、仕事に行きました。混んでいて少し疲れましたが、なのはなに帰ってきて、みんなと縁日準備をしたら、疲れはどこかに吹き飛びました。

 いつも、少し疲れたなと思っても、なのはなに帰ってきたら、元気が出て疲れはどこかに行ってしまいます。

 帰ってきたら、「おかえりなさい」とみんなが笑顔で言ってくれて、それだけで安心するし、みんなのなかで動いていたら、どんどん力がチャージされていきます。

 外で働いていても、少し大変だと感じるとき、お父さん、お母さん、みんなのことを思うと、気持ちを強く持てたり、心強く感じて、そのときの大変さも乗り越えられます。

 外の空気を感じるとき、お父さん、お母さん、みんなの存在が私の中にいてくれて、私は一人ではなく、なのはなの仲間がいることを思うと、すごく心強いです。

 

 昨日の夜の会でも感じたことで、お父さん、お母さん、みんなの家族でいられること、仲間でいられることが本当に幸せに感じます。
 なのはなに来る前は、楽しいと思えることがありませんでした。何をしても、心は冷たくて、不安で、楽しさの幅がすごく狭かったように感じます。
 なのはなにきて、その楽しさの幅が少しずつ深くなっていき、嬉し涙や、お父さん、お母さん、みんなにたくさん癒やしてもらって、たくさん涙を流しました。
 少しずつだけれど、楽しいと思う気持ちの幅が広がっていって、本当に心からみんなと過ごす時間のなかでの楽しさを感じられるようになったことが嬉しいです。
 コンサートの向かう過程でも、ダンス練習など厳しい部分もあるけれど、みんなと全力で練習する過程での楽しさを感じられて、みんなと気持ちを揃えてコンサートに向かっているときが厳しくもあり、一番楽しいなと感じます。

 9月に、のんちゃんが帰ってきてくれて、ダンスの振り入れがあると聞かせてもらって、楽しみです。みんなと頑張りたいです。