「ピカピカのナス!」 りな

8月12日

 

★今日のニュース

 今朝、まくわうりの収穫を終わらせてからとても久しぶりに、ももかちゃんとナスの畑に向かいました。今日は、ナスの収穫です。 

 私は、せいこちゃんとなおちゃんと、ナスを担当させてもらっています。でも、桃作業などで、この頃は少し遠ざかっていました。
 一緒の担当のせいこちゃんが、一緒に収穫できることをとても喜んでくれました。せいこちゃんが中心となって手入れされたナスは、枝が上段まで届くぐらい大きな株になっていて、黒光りしているナスの実がたくさん付いていました。
 せいこちゃんから、収穫の仕方や基準を教えてもらいました。収穫する基準は15センチぐらいで、今日はたくさん採りたいのだとせいこちゃんが話してくれました。
 収穫基準に満たしていないものでも、艶がなくてマットなものや、虫食いの実、変形、カビが生えた実などは、小さいうちから摘果をすることを教えてもらいました。そして、全体でそのような摘果する実がどのぐらいあるのかをみんなで知るために、採るときは「マット採ります!」や、「虫食いとります!」など、かけ声をするのだと教えてもらいました。

 収穫を始めると、「キレイ採ります!」、「マット採ります!」、「ビッグ採ります!」など、みんなのかけ声でいっぱいになって、たくさん返事をしました。でも、黙々と収穫しているよりも、大きな掛け声を収穫の時に挟むことで、気持ちがいつでも外向きになって、楽しく収穫が出来るように感じました。

 一畝間に入って、両側を見ていきました。そのため、なかなか前に進まないぐらい、収穫できる実が本当にたくさんありました。一スパンの半分まで行くと、もう買い物かごが山盛りになりました。軽トラのコンテナにナスを開けると、一回だけでもうコンテナが8割ほど埋まって、こんなにもかごに入るのか、ととても驚きました。なぜなら、買い物かごだと、とても軽く感じるからです。買い物かごが、もう収穫に欠かせない道具になっていて、進化しているのが凄いなあと思いました。
 かにちゃんが軽トラをその都度移動してくれて、とても運びやすかったです。それでもなかなか収穫が終わらなくて、ついには、軽トラに乗ったコンテナが全て山盛りいっぱいになってしまいました。二往復目の軽トラに残りの収穫分のナスを乗せて、やっと、収穫を終えることが出来ました。

 今日はナスが280キロ採れたということで、本当にたくさんの量が収穫できたことが、とても嬉しかったです。たくさん採れているけれど、ほとんどが艶アリのピカピカしたナスで、嫁入りもたくさん出来て、とても嬉しいです。

 ももかちゃんも、ナスの収穫が楽しい!と言ってくれて、最後まで一緒に出来たことが嬉しかったです。明日もまた、ナスの収穫に入っているので、次はもう少しスピードアップして収穫できるように、気持ちを引き締めて頑張りたいです。