「通じ合う心」 ふみ

8月12日(金) 

 

 縁日の準備が昨日から始まっているお話をみんなから聞かせてもらって、みんなと準備する時間が楽しみです。

 ゆりかちゃんが声をかけてくれて、私は金魚すくいのチームで「土曜日にはや捕りに行こう」と話してくれました。

 私は魚釣りとか魚を捕ったことが人生でまだありません。幼いころも、魚釣りとか川に行って遊んだ経験がなく、なのはなに来て、初めてみんなと川遊びをさせてもらって、すごく楽しかったです。
 ハヤ捕りは、前回、お父さんも来てくださったと聞いて、今回もお父さんと一緒にはや捕りに行きたいなと思いました。

 金魚すくいのデザインをほしちゃんが描いてくれたものを見させてもらいました。

 金魚の飾りやもう1つやりたい飾りがあって、すごく素敵でした。みんなと出店の準備が本当に楽しみです。

 縁日準備のチーム発表のときに、私は仕事に行っていたので、チームがわからなかったけれど、ゆりかちゃんが声をかけてくれたり、昨日も帰ってきたときに、みんながすいか割りをしていて、あゆちゃんやみんなが笑顔でスイカ割りやろうと声をかけてくれたことが本当に嬉しかったです。

 

 いつもだれも一人にならないように、みんなでみんなをみて、お互いに助け合って、力を合わせて生きていく生き方を、なのはなファミリーに来て知りました。

 今まで競争の空気のなかで過ごしていた分、なのはなファミリーに優しい空気に、自分がどれほど周りの人を信じていなくて、自分のことだけしか考えていなかったのかを知って、なのはなのみんなの空気に心が癒やされていきました。

 以前も日記に書いたことがあるのですが、お父さんのムスカリの言葉を見ると、みんなの存在をより近くに感じます。なのはなの仲間の存在に私は助けられていることを感じるし、なのはなの仲間の存在に助けられて生きていくのだと感じました。そして、私もなのはなの仲間を守る強さを持ち、助け合って、力を合わせて生きていく生き方をしていきたいと改めて思います。

 『通じ合う心』力を合わせて生きていきなさいというムスカリお父さんの言葉は、私の力となり、そして、優しい社会を作るために力を尽くしていきたいと強く思いました。

 今日はここまでにします。