8月4日(木)「待ちわびていた! ポポーの発芽 & 浴衣選びに2つのミッション」

8月4日のなのはな

IMG_7569

 

 私たちが育てている果樹の1つ、ポポーの種を蒔いてから約1か月半が経ちました。ついに、ポポーの種が発芽しました。
 去年の10月から保管をしていた種を、6月11日に種を蒔いてから、ちゃんとポポーの芽が出てくれるかと、ハラハラドキドキしながら、発芽する時を待っていました。ポポーの種まきをするのは初めての試みで、とても緊張していました。また、去年の10月から保管していた種で、半年以上経っても、種が生きているかどうか、少し心配でした。

 種まきでは、実験的に、1時間半のあいだ水に浸けてから蒔くものと、種皮に小さな切れ込みを入れるものの2種類に分けました。土は、畑の土を篩にかけたものと、落ち葉堆肥を混ぜたブレンド土を作りました。
 ポポーは発芽に時間がかかって、種まきをしてから約1か月後に芽が出る、と資料に書かれていました。種まきをしてからの1か月は、気持ちを粘り強く持って、乾かないように、毎朝水をやりました。

 工夫をしたブレンド土だけれど、水をやっているとだんだんと通気性が悪くなり、表面がとても固そうに見えました。そのため、途中でフカフカの種まき培土に変える大手術をしました。試行錯誤をしながら、1粒でも発芽するのを、今か今かと待ち遠しく思っていました。

 ある日、いつものように水やりでポポーのポットを見ると、もこり、とポポーの種が土を押し上げて表面に出ていました。これでは種が乾いてしまう……そう思って、土を被せようとすると、押し上げた土の割れ目から、白くて太い根が伸びているのが見えました。

 

IMG_7553

 

 カボチャの芽のような、とても丈夫で力強い根が伸びていたことを知って、とても嬉しかったです。このまま活着して、芽を出してくれたらいいなあと、心の中で願いました。

 1日、1日、と色んなポットの種が隆起して、顔を出していきました。そのたびにとても希望が湧いてきて、ポポーの様子を見ることが、その日1日のスタートダッシュになっていました。

 今、根を出した種が芽を出して、葉を広げています。ほんの2,3センチだけれど、その中に茎があり、葉も3枚ほど出ていて、ポポーの小さい木のようになっています。若葉の色で透き通っていて、水をやると水滴をいっぱいにふくんでキラキラしています。その光景を見ると、とても嬉しい気持ちになります。

 今、12粒ほど目を出していて、まだ少し発芽しそうなポットもあります。芽を出してからも、すくすく育っていけるように、ポポーの苗を見ていきたいなあと思います。 

(りな)

 

***

〈桃は、「なつおとめ」という品種の収穫が始まりました〉
page
〈畑では、小豆の土寄せや水やり、収穫の作業も行いました。地域の方から受け継ぎ、育てさせていただいているスモモは、今は「太陽」という代表的な品種と、「スターキングデリシャス」という品種が採れています〉
P8040302
〈ウサギを追いかけて穴に入ったら、摩訶不思議な冒険が待っていた。あちこちにスモモが実る様子は、そんなアリスの世界が思い浮かびます〉
P8040306
〈ブルーベリーも、豊作。今年は、桃ジャム、梅ジャム、ブルーベリージャム、スモモジャム、とジャムの素材にも恵まれています〉

 

***

 

 今週末のお楽しみは……? セブンブリッジ大会!!
 8月のセブンブリッジ大会は、いつも以上のお楽しみがあります。
 そう、みんなで浴衣を着て、ゲームを行うのです。

 

page

 

 今夜は、週末のセブンブリッジ大会に向けての浴衣選びです。
 朝から、大会の実行委員である仕事組の何人かで、浴衣を図工室に並べて、準備をしていたのですが、色鮮やかな浴衣や帯を見ているだけで、ワクワクした気持ちになりました。

「この浴衣は、前に〇〇ちゃんが着ていたよね……」「私、この浴衣好き」「この浴衣、どの帯に似合うかな……」と、みんなで話しながら浴衣を並べた時間が楽しかったし、みんなが笑顔で選んでいる光景を思い浮かべただけで、嬉しい気持ちになりました。

 

IMG_7602

 

 夜に、お母さんとあゆちゃんが、みんなの浴衣を選んでくれました。
 図工室に入ってきたみんなのミッションは、
1、今まで着たことのない浴衣を2着選ぶ
2、セブンブリッジなので、華やかな浴衣を選ぶ
 の、2つでした。

 ミッションを聞いたみんなの顔がぱっと華やいで、嬉しそうでした。
 100着以上あるなかから、みんなが手に取る浴衣は、ミッション通り華やかで可愛くて、今月のセブンブリッジは、色鮮やかで、賑やかで、たくさん一発上がりがでそうな予感がしてきました。

 

IMG_7636

IMG_7632

 

 自分で選んだ2着の浴衣を、お母さんがどちらが似合うか選んでくれて、あゆちゃんが、その浴衣に合う帯を選んでくれました。
 今回は、セブンブリッジ大会らしく、少し帯にも遊びがあって、今までにない浴衣と帯の組み合わせの発見もあり、見ているだけで楽しかったです。
 浴衣も帯も、その人によって組み合わせが変わってくるし、その人らしい組み合わせがあって、当日の、みんなの浴衣姿が、とても楽しみになりました。

 

IMG_7611

IMG_7622

 

 私も、今までに着たことのない、白×紺の浴衣と、遊びのある帯を選んでもらい、当日着るのがとても楽しみです。
 なのはなでは、さまざまな方が贈ってくださった浴衣や、卒業生がみんなのために置いてくれた浴衣など、色々な浴衣を着ることができ、本当に贅沢で有り難いことだと、改めて感じました。

 浴衣を着てのセブンブリッジ。
 みんなの華やかな浴衣姿も、ゲームも楽しみです。

(よしえ)

 

*おまけ*

浴衣選びの部屋に、可愛いニイニイゼミが迷い込んでいました。