「綺麗に踊って」 まみ

8月4日

 今夜も、きたわけ納涼大会に向けて、フラダンス練習がありました。ゆりかちゃんが夜の時間で1曲ずつ見てくれたり、45分間トゥトゥキの練習では、ポイボールのみんなの動きも、ゆりかちゃんが見てくれてました。
 途中で、ダンサーのみんなの真ん中で、やよいちゃんが、側転などのアクロバティックな動きをしてくれて、とてもダイナミックで迫力があって、ポイボールを回しながらも思わず拍手をしたくなるくらい、凄くかっこよかったです。

 フラガールの立ち位置を確認していたときに、お母さんが見に来てくださって、
「北和気は、藤井先生の地元だから、ちゃんと綺麗に踊ってきめようね」
 と、言ってくれました。ゆりかちゃんも、
「土曜日のリハーサルをしたら、本番まで1週間あるので、このままいい感じで積み重ねていけたら」
 と言ってくれて、私も、頑張って、振りがとんでしまうところや、細かい動きのニュアンスをつめていきたいと思いました。

 9時半に、のんちゃんが試験を終えて帰ってきてくれました。夕食の席で、お父さんが、試験が終わったのんちゃんから電話があったことを話してくださいました。のんちゃんがみんなのなかで、洗い部の部長やダンスをしながら、イベントがあるときも、365日、6年生教室で、真っ直ぐに背筋をピンと伸ばして勉強に向かう姿が、いつも凛としていて、とても綺麗でした。のんちゃんが試験を終えて、笑顔で帰ってきてくれたことが嬉しかったです。