「この先見られる景色」 まなか

7月14日

 勉強することは自由になること、自分について分かることも自由になることだと教えて頂けたことで、すごくすっきりとした気分になれました。
 自由は選択できることが出来る、選択肢が広がる事なんだなと初めて知りました。
 なんでも好きなように、楽に生きることは自分よがりで何も自由ではなく、答えがある中で好きなように自分の人生を進ませることが出来るのだと知り、たくさんの事をもっと分かりたい、見てみたいなと思いました。
 この先見られるたくさんの景色が、とても楽しみです。

 ミーティングで過去を思い出した時に、とても悲しくてどうしようもない、光が見えないような暗い気持ちに久々に出会いました。
 それは昔、苦しくて悲しい気持ちとそっくり同じ心の締め付け加減に驚きました。
 私が意識していなかった子供の頃の気持ちはまだここにあったのだと、今日初めて実感しました。
 こんなに強く鮮明に悲しさが蘇るということは、無意識で私の心に影響していても何も不思議でないと思います。
 今日、手紙が書けて良かったです。
 小さい頃の私は、もう私の生活には何も必要が無いと、書いていて改めて思いました。
 なのはなで人を好きになれたこと、不安が不安でなくなったことが嬉しかったです。

 今まで、どれだけ人になんと言われようと、体型の事や見た目の事を生活の中から省くのはどうしても無理、考えられないのだからしょうがないと思っていたのに、それが何も怖くないと今言えることは奇跡だなと思います。
 自分でも信じられないなあと思います。人や未来を好きになれることは、私の何よりの薬になったのだと思いました。
 お父さんやお母さんに出会えて、私はとっても幸せ者だなあと思います。
 本当の私を見て分かって下さっていることに感謝でいっぱいです。

 とってもいい気持ちなので少し歌ってから本を読みます。
 久々の雨は気持ちが良くて涼しいのがいいなあと思いました。

 また明日のミーティングが楽しみです。
 今夜もぐっすりふふふと面白い夢を見ます。