「小さな達成感」 よしみ

7月12日

 今日は朝から雨が降ったりやんだりしていて、ちょっと分かりづらい天気でした。ですが、雨のやみ間に早朝作業では白大豆やエゴマの草取りをしたり、午後からはまえちゃんとさやちゃんといっしょに豆の畑の溝きりなどもできて、雨の日でも、その時その時でできる作業を進められて嬉しかったです。

 白大豆の草取りへ行くと、まえちゃんとやすよちゃんが綺麗に畝間を草刈り機で刈ってくださっていました。まえちゃんはここ何日間か、たくさんの畑の畝間や外周の草刈りを進めてくださっています。本当にパワフルで、且つスピーディーで綺麗な作業ができるまえちゃんが本当にかっこいいなと思いました。まえちゃんたちのおかげで、白大豆の草取りもあっという間に終わって、朝の時間でエゴマの草取りも進められて嬉しかったです。

 シエスタのあとは、引き続きエゴマの草取りへ行きました。そのときにお父さんも見に来てくださって、エゴマの草取りの場合は豆の草取りのときの追い越し方式ではなく、2人で挟み撃ち方式でやるといいことを教えてくださりました。いつもなんでも同じ方法でやれば良いのではなく、野菜や畑などそのときの状態によって作業方法を変えていくことが大切なんだなあと、お父さんのお話を聞いて感じました。

 実際、お父さんが教えてくださった、短い範囲を2人で挟み撃ち方式でやると、1回ごとに小さな達成感があったりして、集中力や体力も持続できて、とても作業が楽しかったです。みんなで1列になっての草回収も、1人で1畝間やろうと思うと気が遠く感じるけれど、みんなで一緒に前進しながら回収するととても気持ちも身体も軽くなって、やっぱりお父さんはすごいなあと思いました。

 午後の作業では、まえちゃんとさやちゃんと一緒に、小豆と黒大豆の排水作業をさせていただきました。午後の作業をしていて感じたこと。やっぱり私は溝きりが好きだなあと思います。

 そして、まえちゃんが作ってくださる空気感が何よりも楽しくて大好きな時間だと再確認しました。まえちゃんがどんな自分であっても変わらずに大きく受け入れてくれて、本当にありがたくて嬉しかったです。作業も、3人で力を合わせて3枚の畑の溝切りを終えられて、とても達成感を感じた午後の時間でした。

 今日も1日、ありがとうございました。みんなの中でいられる毎日に本当に救われているなあと感じます。外向きに、前向きに、明日も1日頑張りたいです。

 読んでくださってありがとうございました。おやすみなさい。