「初めて踊って」 あきな

7月10日

 今日は、朝は茄子の収穫と嫁入り、午前にアセスメントがあって、そのあとピザづくりとチーム作業、午後もチーム作業でした。

 茄子の収穫は今までで一番じゃないかと思うくらい早く収穫出来て、嫁入りに目いっぱい貢献出来て嬉しかったです。

 午前のアセスメントでは、初めてアセスメントでみんなと踊らせてもらいました。前回はコーラスで、今回は踊ることができて本当に嬉しかったです。『レインボー』では、昨日たくさん練習した歩き方を自信もってできたのですが、まだまだ練習が必要だと思いました。いつアセスメントがあるかわからないので、またコマメに練習したいです。

 最近、心が少しずつ綺麗になってきたのか涙脆くなっていて、『アライブ』を初めて見させてもらい、涙ぐみました。勝手なイメージですが、まえちゃんとよしみちゃんが、1人ずつ踊るシーンで、これまで自分が苦しく感じてきた嫌な声、見たくないもの、敵に立ち向かっているようで、その姿が必死で綺麗でカッコいいけど過去の自分と重なる部分があったり、様々な想像が膨らみ泣きそうでした。感動したし本当にかっこよかったです。

 そのあと、みんなで『フラガール』を踊らせてもらったのですが、歌詞に気持ちが乗って、将来に希望というものは存在するんだよ、優しい世界が存在するんだよという気持ちが伝わればいいなと思いました。

 アセスメントの後に、ピザづくりを、りゅうさんとあゆちゃんが企画してくださって、私も参加させてもらいました。昨日から準備していたと、りゅうさんが説明してくれた生地はふわふわで柔らかくて、触っているだけで癒されました。なのはな産の強力粉と薄力粉、オリーブオイルと塩と砂糖というシンプルな生地に、トマトソースのマルゲリータと茄子とひき肉の2種類のピザをつくりました。

 お昼にみんなでいただくと、なのはなレストランが開けちゃうくらい本当に美味しくて、前で食べていたたけちゃんも、口の周りを真っ赤にしながらもとても満足そうに笑っていました。
 あゆちゃんお手製のパスタも凄く美味しくて、なのはなの夏野菜をつかってみんなで一緒に生地から作り、なのはなイタリアンをみんなでいただけて幸せでした。

 りゅうさんが土日にみんなで作れる企画をしてくださるのが、とても利他的だと感じます。みんなで作る楽しさを一緒に感じて、つくった料理をそのあとすぐにいただき、みんなでその時の話をしながら笑いあえるという幸せをわかちあえるということから、りゅうさんの利他心が優しく嬉しいです。

 そのあとのチーム作業で、私はスイカの畑に久々にネット回収と布かけにいったのですが、両手以上の成長した玉が35個くらいあって、布が足りなくて明日再度作業にいれてもらいました。最近の雨もあり順調に成長していることがとても嬉しいです。

 午後のチーム作業では、ゴーヤの手入れをしました。天井の竹をしばって、そのあと草抜きをしました。ゴーヤも最近、収穫出来ているみたいで、大きなゴーヤを私も見せてもらいました。とても綺麗で、畑でもゴーヤの香りがする時間が心地よかったです。草抜きもサクサクぬけて、途中にはなってしまったのですが、沢山進められてよかったです。

 私は今日、やっとミーティングの作文の書き直しの二度目が出来たので、再度提出させてもらいました。大人になっても考え方を聞いてもらえてアドバイスいただける環境がありがたいし、お父さん、お母さん、実行委員さんの時間をもらっていることなので、確実に私の核に入れていきたいです。
 自分の今までの間違った考え方や価値観を再度学び直して、たくさん人としての幅を広げて、世のため人のため……とまでまだ行かなくても、せめて利己心を捨てて「きれいな心を目指す」ことから意識したいです。
 今学んでいることや、感じていることを、タイミングがあればどこかの誰かに伝えられるように、生きます。