「まえちゃんとまなかちゃんのお誕生日」 みつき

7月7日

 今日は七夕の日でした。
 1年ぶりに、織り姫と彦星が会える日。とっても素敵な日に、まえちゃんとまなかちゃんのお誕生日もお祝いすることができて、わたしも幸せいっぱいになりました。

 まえちゃんとの、肥料入れなどの作業が、とても好きだなあと思っています。たとえ少人数だったり、なかなか難易度の高いミッションだったりしても、どんなときも、まえちゃんが、「がんばろ!」と、明るくいてくれます。
 そして、先頭に立って思い切り身体を動かしているまえちゃんを見て、わたしも力がわいてきます。まえちゃんとなら、どんな作業でもやってのけることができてしまいます。
 まえちゃんのかけてくれる言葉に、いつも自然な優しさを感じます。それは、いつもまえちゃんが誰かのためを思っているからだろうなと思います。
 まえちゃんのように、わたしも、いつも誰かのために力を尽くせる、強さを持ちたいです。
 まえちゃんのことが、大好きです。

 まなかちゃんは、誰にでも何にでも「すき」という気持ちや「楽しい」という気持ちで向かってくれていて、それを素直に伝えてくれることが、とてもうれしいです。
 まなかちゃんと一緒だと、楽しいことは2倍に、悲しいことは半分に、いや、ゼロになってしまいます。だから、ちょっとした出来事だとしても、すぐに、「まなかちゃんに話したい!」と思うことがよくあります。
 まなかちゃんが居てくれるから、わたしも、「もっと誰かに喜んでもらいたい」「誰かの笑顔が見たい」と、利他的なほうへ考えて、進むことができます。
 まなかちゃんのように、わたしも、いつも前向きに笑顔でいたいです。
 まなかちゃんのことが、大好きです。

 夜には、7日恒例のセブンブリッジ大会も開催されました。
 お仕事組さんが考えてくださって、今回から星座ごとチームに分かれて、対決することになりました。
 ちょうど七夕で、星座というのがぴったりでした。わたしのように、織り姫と彦星も、今頃楽しんでいるのかな、笑っているのかな、と思うと、嬉しくなりました。

 めいっぱいの1日がとても充実していました。おやすみなさい。