「笑顔でいたい」 やすよ

6月30日

 今日はお休みで、1日、なのはなで過ごすことができました。
 朝、朝食にはお父さんがいてくれて、昨日もいてくださって、なんだかレアで得したような気持ちになりました。今日も私はついていました。

 今日のテーマは「笑顔」と思って1日を過ごしました。意識的に口角を上げて、声をワントーン明るくしてみよう、と思いました。

 今日のハイライトは、サツマイモの植え付けです。
 コミュニティ畑に、はじめ、600株くらい植わるかなと言われていた苗は、結果として1000株以上植わりました。
 それも、16時の時点で、あと500株以上は植わるかも、ということになって、それからみんなで「終わらせよう!」と意気込んで、本当に18時前に終わらせることができた時、達成感を感じました。

 せいこちゃんを中心に進めていたのですが、せいこちゃんが終始明るく、笑顔で、声かけをしてくれたり、見ていてくれたりして、出来る出来ないとかでなくて、前向きで明るい雰囲気をずっと保って作り続けてくれていることを感じて、そんなせいこちゃんの姿に元気をもらうし、私も周りのために、みんなのためにできることをやりたい、という気持ちにさせてもらいました。

 やっぱり、みんなのために、というところで一番分かりやすくて取り組めること、そして本当に嬉しくなるのは、「笑顔」だなと改めて思いました。笑顔は本当に人を救うんだなと思います。
 私も誰かに安心してもらえるように、笑顔でいたいです。

 私は苗のカットをしていました。
 さやちゃんと、15分で約200本の苗をカットしました。苗は15センチメートル以上のもので、その中に5、6節を入れてとる、というものでした。
 いかに早く、的確にとっていくか、というところで、時間との勝負でした。ハウスの中で今日も暑かったので、作業しているだけで、ポタッと音がしながら汗が流れてきました。

 合間に飲むお茶がとても美味しかったです。

 昨日今日と、夕食に桃が出ました。
 はなよめでした。白く、ほんのりピンクに色づいたはなよめが、上品で、きれいでした。水々しく、優しい甘さをたたえた桃が、絶品でした。
 あんなちゃんたちが桃の世話をしてくれていますが、本当に、見返りを求めるでなく、懸命に、「なのはなの桃を」と思って動いている姿が、その姿を直接見なくても、表情や雰囲気から感じられます。

 私は、誠実になりきれなかったり、甘さがあったり、フッと横道にそれるようなことになったりと、本当に不出来で気持ちができていないなと感じています。
 だけど、一生懸命に、真剣に、真面目に生きているみんながいて、その姿に感化されて、正してもらえることがありがたく、自分も本当にこのままではいけない、と思います。

 なのはなでの、今の自分の役割を全うできるように、最低限の責任は果たすべきだし、誰にどう思われるかでなく、
「自分はちゃんと、責任を果たしているか?」
 と、何より自分に問いかけながら、過ごしていきたいです。