「自分が一番良いと思う答え」 さくら

6月26日

 夕食後は、OMTと集合があり、集合では、『りゅうさん・なおちゃんに聞いてみよう』がありました。
「りゅうさんが、毎日、元気に生活する原動力は何ですか?」という質問でした。
「心の原動力、軸は、なのはなだ」
 と、話してくださいました。

「好きな言葉は何ですか」という質問があって、
「石の上にも三年」
 と、話してくださいました。

 学生のときは先生がいて、学校は、勉強をするところだけど、社会人になって、先生はいないけれど、仕事のことを勉強したり、深めて良くしていくこと。
 りゅうさんが、仕事をするとき、勉強して、もっと良くなるように提案をして、それが通用するときも、しないときもあるということを話してくださったとき、自分の中で、こうしたらもっと良くなるということや、これが一番良い形だ、という答えを、自分なりに持つことが、すごく大事だと感じました。
 
 私は、レンガを敷くことを考えるとき、いろんな考える材料はあっても、自分がどうしたら一番良いと思うのか、理想を持っていなくて、最終的な答えは、誰か任せになっていました。
 自分が一番良いと思う答えを持ちたいと思いました。

 英語の好きな言葉を日本語にすると、
「挑戦しなければ成功もない」という言葉だと、話してくださいました。
 
 何か新しいことに挑戦するとき、本当にできるのかどうか不安が出て来るけれど、挑戦していくと、自分の枠、価値観も変わっていくんだと話してくださいました。
 成功したら、それが自信になる。
 りゅうさんのお話を聞いていると、成功体験を積み重ねていくことの大切さがすごく伝わってきました。
 
 仕事での人間関係のお話で、会社の人と、気安い友達のように仲良くなることが大切なのではなく、会社(ひいては社会)に貢献し、成功するという目的に向かう仲間なんだという言葉がわかりやすかったです。 
 
 今日の午後は、ゴーヤの草取りを、せいこちゃんとあきなちゃんとしました。
 せいこちゃんとあきなちゃんが、畝の上を手で草取りしてくれて、私は草刈り機で畝間と畝肩を刈っていきました。
 何日か前に草取りをしたけれど、粗々の質だったので、またすぐ草取りが必要になってしまったけれど、今日は、綺麗に取ることができて嬉しかったです。
 前回、粗々の質だけど、草取りをしていたから、ゴーヤが草に負けたり、病気が来ることもなかったから、良かったと思いました。

 畝間、畝肩を草刈り機で刈るのは、私は初めてで、畝をなるべく削らないように、できるだけ、根元で刈っていくのが難しかったです。
 
 明日、牛肥を追肥するので、綺麗にできてとても嬉しかったです。
 ツルが伸びて、誘引ができたらいいなと思いました。
 ゴーヤの実が2〜3センチくらいになっています。