「それだけで元気」 ななほ

6月25日

・うずら

 目が覚めて、廊下を歩いていると、どこからかまなかちゃんの、「おはよう、おはよう!」
 という声が聞こえてきて、ハッと覚醒しました。

 どこからか聞こえるまなかちゃんの声、これは5年生教室からに違いない。
 そう思い、急いで5年生教室に行くと、まなかちゃんがにっこりと笑って、頷いてくれました。

 まなかちゃん達が大切に育ててきた、うずらちゃんの卵たち。
 24日に生まれる予定とは聞いていたのですが、1日遅れで、今朝、4羽の雛が孵っていました。
 何とも可愛らしいうずらの雛。

 どうしてもホームページにこの子たちを載せたいと思い、うずらの写真を撮りに行きました。
 生まれて数時間たったうずらの雛は、もう毛がフワフワとして、しっかりと真っ黒の目を開いて、ピーピーと鳴いています。

 カメラを孵卵器に近づけると、興味津々にうずらの雛が寄ってきたり、まなかちゃんが、孵卵器からケージに雛を移すと、ひよこ電球の近くに雛たちが集まり、ギュッと身体を寄せ合っていました。
 その姿は、何とも可愛らしく、ここに命が生まれ、命が育っていくのだと思うと、神聖な気持ちがしたし、とても温かい気持ちになりました。

 今、ホームページの作業で、今日の1コマを、なおちゃん、さやねちゃん、りゅうさんにチェックしてもらったのですが、うずらの雛の写真を見せると、3人が揃って、
 「かわいい~」
 と言っていて、私も嬉しさが何倍にも膨らみました。
 本当にうずらが可愛くて、私もまなかちゃんに教えてもらいながら、うずらを見ていきたいです。
  

・終わり良ければ全てよし、一日の始まり

 私の1日は、桃の収穫からというのもあるのですが、私の中で、野菜切りも、1日の始まりには欠かせません。
 朝の野菜切りは、なっちゃん、まっちゃん、あけみちゃんたちと一緒なのですが、
 「今年の紅白歌合戦の有志チームは、このメンバーで決まりだね」
 というくらい、毎回、波乱万丈でドラマがあり、ものすごく楽しいです。

 キャベツの3センチ×5ミリのカットの基準や、切り方。
 葉物野菜を洗う時はザルとボウルを使うか、ポリバケツを使うか、ミニざるを使うか。
 私は3センチは3センチ、5ミリは絶対5ミリときっちりし過ぎている所があり、メンバーのみんなに、「「そこまで正確じゃなくても」と、困らせてしまうこともあるのですが、時に、まっちゃんと言い争いになりながらも、いつも、次に話す時には、何事もなかったように、お互いケロッとしていて、それがまた、嬉しいです。

 終わり良ければ全て良し。
 なっちゃんは冷静にまとめ役をしてくれて、あけみちゃんは私たちの意見に多数決をしてくれて、まっちゃんと私はいつも笑っていて、野菜切りがないと、1日が始まらないような感じがするし、野菜切りが楽しいです。
  
 私は今、朝食後、昼食後と野菜切りのリーダーをさせて頂いているので、スピード感や求められている質、全体の空気感も、もっとみんなが楽しく、スピーディーに野菜切りができるように、空気作りをしていきたいです。

・それだけで元気

 今日から山小屋便り7月号の編集が始まりました。今月は、ゆずちゃんが手伝ってくれることになり、一緒に編集をできた時間が嬉しかったです。
 編集をしていたら、もう、今月も5日しかないことに気が付いたのですが、昨日から、『それだけで元気』をテーマに、作業や、日々の生活に向かっています。

 一昨日、特に話したい事がある訳ではないけれど、「まえちゃん、いないかな~?」と、ウロウロしながら、作業時間になり、玄関下へと向かうと、そこに、管理機を軽トラックに乗せた、まえちゃんとどれみちゃんがいました。

 「あ、まえちゃん」
 特に話したいことはないけれど、まえちゃんに会えてラッキーと思っていたら、まえちゃんが、
 「行ってきます、行ってらっしゃい」
 と、声をかけてくれて、それだけで元気が出ました。

 なのはなで過ごしていると、誰かのたった一言で気持ちが落ち着いたり、元気が出たり、今日も1日頑張るぞと思えます。
 なのはなに来るまでは、少しでも自分の弱さを見せたら、攻撃されたり、一言話すにも、(これを言っていいのかな)と考えたり、嘘とか裏切りのようなものが、あまりにも当たり前だったので、誰かの言葉に救われたと思ったことが、一度もありませんでした。

 でも、今気が付いたら、毎日のように、誰かの言葉に、誰かの存在に、誰かの笑顔に救われて、気持ちが安定している自分がいます。
 私も、その小さなことで、相手に良かったと思ってもらえるような、安心してもらえるような存在でありたいし、日々の小さな幸せを感じられる今が、幸せだなと思います。

 今夜は、『りゅうさんに聞いてみよう!』もあり、りゅうさんとなおちゃんが、みんなの質問に答えてくれました。
 夢について、社会人について。
 りゅうさんが話してくれたことが嬉しかったし、本当に、なのはなファミリーも、あゆちゃんも、りゅうさんと出会うべくして出会ったんだなと思い、りゅうさんが、
 「あゆちゃんと温かいなのはなファミリーの未来を作っていきたい」
 と、話してくれて、とても嬉しくなりました。

  今夜は、りゅうさんが『スタンド・バイ・ミー』も弾き語りで歌ってくれて、何だかライブアンドトークショーのようで、とても素敵な夜の時間でした。

 明日も、桃の収穫があったり、りゅうさん達が考えてくれた、カレーパン作りが、とても楽しみです。