「みんなのために力を尽くせる自分へ」 ふみ

6月23日

 昨日の夜は、金時太鼓の練習に行ってきました。
 昨日は、なのはなのみんなで自主練の日で、今練習している『風の舞』と『わかば』を練習しました。
 『わかば』では、私は大太鼓をさせてもらって、あけみちゃんとあやかちゃんと3人で叩きます。

 大太鼓を打つときに、力を入れる瞬間が難しく、他の太鼓と同じように、太鼓をたたく瞬間に力を入れるようにしているのですが、大太鼓の面の大きさに吸い取られてしまうように音が逃げてしまって、手がぶれてしまいます。
 金時太鼓の練習のときに叩かせてもらっている大太鼓は、大きさが3種類あって、昨日は、一番大きな大太鼓で叩かせていただきました。

 自分の目の前に大きく広がっている大太鼓に、一打するとき、勇気がいることを感じました。
 大太鼓だけではなく、『風の舞』では、締太鼓で枠打ちから演奏が始まるのですが、枠を打つときに視線は枠を見ずに、小さい音で枠を叩くのにも勇気が必要でした。気持ちが定まっていなかったり、迷いがあると、枠うちの音が大きくなったり、小さくなったり、揺れてしまい、太鼓の音はそのときの気持ちが表れるのだと感じました。
 太鼓を通して、気持ちを作らせていただけることがありがたく、気持ちを強く持って、練習に取り組んでいきたいです。

 大太鼓は、全身で太鼓に向かうので、すごくエネルギーが必要だと感じました。全身で、出したい音を表現し、力を入れるべきところ(太鼓を叩く瞬間)に力を入れることが難しいと感じます。
 大太鼓を練習し始めたときに、バチに自分が振り回されている感じがして、叩くフォームも崩れてしまっていましたが、昨日、あけみちゃんとパート練習をさせてもらって、太鼓と自分との距離や叩く位置など教えてもらったり、あけみちゃんが叩く姿を見させていただいたりして、少しずつですが音の大きさや自分の体幹の力の入れ具合などが変わってきたことを感じました。

 最初は、自分の音しか聞こえてなかったのが、昨日練習しているなかで、周りのみんなが叩く音も聞こえてきて、自分の叩く音と掛け合いのようになっているところなど感じることができて嬉しかったです。

***

 今日は、仕事に行くときに、まえちゃんと玄関で会って、まえちゃんは田んぼの草刈りをして帰ってきたところでした。
 まえちゃんが手を振って、見送ってくれて嬉しかったです。

 私は、まえちゃんとの作業が好きで、まえちゃんとの作業はみんなの笑顔があって、まえちゃんと作業が一緒だとすごく嬉しい気持ちになります。
 どんなに大変でも、まえちゃんとなら頑張れる自分がいて、昨年、まえちゃんと田んぼの肥料入れの作業をさせてもらったときなど、まえちゃんの最後まであきらめない姿や、失敗や評価に囚われていない姿に、自分が自分の評価にすごく囚われていたことに気がつかせてもらいました。

 失敗をして怒られることが怖いとか、自分がどう思われるかとか、なのはなに来る前に苦しめられてきたことに対して、まえちゃんの姿から、自分が囚われていたことがすごく小さく感じて、気持ちの枠を広げてもらったように感じました。
 まえちゃんの姿を見ていたら、そんなことに囚われているんじゃなくて、みんなのために力を尽くそうよと、私に言ってくれているように感じました。

 いつもみんなのためにという、まえちゃんの気持ちに、自分が囚われていたものは本当に小さい枠組みのなかでのことだったのだと感じて、そのときは、昨年の父の日の会に向かう過程のなかでの作業だったので、まえちゃんの姿から自分のことが客観的に見えました。

 みんなのために、という、まえちゃんの気持ちが本当に綺麗で、いつも全力の姿で示してくれる、まえちゃんに憧れていて、大好きです。
 私も、まえちゃんのように、小さな枠を突き破り、みんなのために力を尽くせる自分へと成長していきます。