「気持ちを解き放つような」 ゆい

6月19日

○父の日
 お父さんへの想いを込めて、フラダンスショー、「ケニー・モナーク・フェスティバル」を開きました。
 先週、火曜日から始まって、期間は短かったけれど、チームのみんなと過ごす時間はかけがえのない嬉しい時間でした。
 お父さんに、元気が出るような『ワカワカ』のショーをみてもらいたいと、みんなでアイディアを出し合い、作っていきました。

 お父さんが作ってくださった、私の居場所です。私がなのはなに来たばかりの時、イベントのチームで、確か私はリーダーになりました。そのとき、気持ちが波立って苦しく感じたとき、お父さんが、
「おまえは、他の人の事務的な上手、下手だけを見ていて、みんなで作る楽しさというのを感じられていないのだと思うよ」
 と教えてくださいました。

 みんなで作る楽しさ?
 その感覚が分からずにとても苦しいと思っていました。
 もう前のことになりましたが、私はそのことを、イベントがある毎に思い出していたと思います。今、みんなとお父さんに楽しんでもらいたいと、お父さんやお母さんが客席で見て下さる笑顔を想像しながら、練習をするとき、私はみんなと一体となれて、それがとても心地よくて嬉しいと思います。
 仲間の存在が、有り難くて、愛おしいと思います。何か困ったら、自分が何としても案を出す、という気合いもある一方で、一緒に作ってくれるから大丈夫、という安心感もあります。
 これも、私が来たばかりのときから、お父さんが私に教えて下さろうとした気持ちなのかなと思います。

 

○みんなの魅力を感じるショー 
 ショーでは、まず、舞台背景が「めっっちゃ可愛い!」と言いたくなるほど素敵でした。色とりどりのペーパーアート。常夏をイメージさせる大きな葉がぎっしりと飾られていたり、ピンクの可愛いフラミンゴが立っていたり、花のレイもちりばめられていました。

 その背景の前で、それぞれのチームがショーを繰り広げ、そのどれもで、それぞれのチームのメンバ-の良いところが表現されていると感じました。
 元気な曲でも、バラードでも、みんなが工夫の凝らされた衣装を身に纏って踊る姿に、涙が出そうになりました。
「ああ、○○ちゃんのこういうところが好きだな」と、一人ひとりを、大切にしたくて仕方ないような気持ちになりました。
 本当に可愛かったり、綺麗な衣装がひとりひとり似合っていて、そんな中にいられて女の子で良かったと嬉しくなってしまいました。

 みんなの踊る姿、目線、切なくなるような真っ直ぐに届けてくる表現を見ていて、本当に胸が締め付けられるような気持ちにもなりました。
 もっと、みんなと表現していきたい、目線の先に気持ちを出して届けられるように、自分もなっていきたいと思いました。
 ただ表面で綺麗なだけのダンスではなくて、みんなの存在を感じるとき、こういうのは、何というのだろう、「愛おしい」というのかなと思いますが、本当に、私は素敵なみんなと一緒に暮らしているなと思います。

 お父さんとお母さんの娘になれたから、こんなに素敵な仲間ができて、私は、本当に幸せです。私には、ずっと欲しかった家族がいる。物理的にずっと一緒にいられるわけではないかもしれないし、私もきっと、お父さんがそうであったように、自分の必要なところに自分の役割りを果たしに行き、その場所場所で人と出会っていくだろうけれど、今のなのはなの時間が、私の心をうんと強くしてくれます。

○踊るのも、歌うのも。
 私は、このところ、歌うのが好きになったのですが(前から本当は好きだけれど、のびのびした気持ちになってきたという意味)、ダンスが踊れて本当に嬉しかったです。「踊るの、本当に楽しい」と思いました。ベテランのダンサーのみんなの動きをみて、ここでとめると決まるのだなとか、どうやって腰をつかうのかとか、一緒に練習をしながら真似をしていました。

 踊るとき、身体を使えることが気持ち良くて、開放感をえられるのだなと思います。お父さんがスポーツの話をしてくださったことを思い出しました。解放されるような、自由な感じを表現できたら、見て下さる人に、気持ちを解き放つような感覚を得てもらえるのかもしれないと思いました。
 普段はバンドで、踊ることは、あまりないから余計に、みんなとダンスで表現するというのがすごく貴重で、嬉しくて、本当に楽しかったです。

 お父さん、今日は父の日で、お父さんが大好きな気持ちをみんなと表現させてもらえて、嬉しかったです。私は、お父さんお母さんの子にしてもらえて、こんなに素敵な仲間といられて本当に幸せです。
 今は、自分が人間関係をとるスタンスについて、自分の弱さや、覚悟のなさを感じたり、過去の価値観からくる自分やものごとへの拘りが、まだまだ不自由な感覚を残しているのではないかと感じます。
 本当に利他的に生き、自分を使って目の前のひとのために力を尽くしながら社会をよくしていく一助となれる大人になっていきたいです。踊れば、みてくれる人に、開放感を得てもらえるダンスが踊れるようになりたいし、生きて行くことへの希望、人とつながれることへの安心、勇気、そういう嬉しい気持ちをたくさん感じてもらえるような歌が、歌える様に成長していきたいです。

 いつも、お父さんがくださった色々な言葉が、私を修正し、助けてくれます。もっとはやく、役にたてるようになりたいと歯痒い気持ちもあります。
 今、嬉しい気持ちをいっぱいもらって、それを返していけるようになっていきます。
 お父さん、本当に、いつもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。