「4人で一体になって」 りんね

6月19日

〇父の日

 今日は、父の日でした。

 お父さん、いつもありがとうございます。
 お父さんとお母さんの子供になれて、今こうして、なのはなのみんなの中で、どんなに未熟でも大きく受け入れてもらって、生活できていることが、幸せです。
 なのはなに来られなかったら、私は人間らしく生きることなんて到底できなかったです。間違っていることは厳しく、真正面から教えてもらって、自分を立て直していけること、なのはなの子として育ててもらえることが、本当にありがたいです。

 今日は、約1週間前からみんなで大急ぎで練習してきたフラダンスを、体育館のハワイアンで素敵な会場にて、披露しました。

 私は『テレヘ』のチームで、ななほちゃん、ゆずちゃん、つきちゃんと、少人数で踊りました。
 テレヘは、タヒチ語の曲で、フラダンスとフラメンコと演歌が混ざったような、独特な曲調でした。大人っぽくて、深みがあって、聴けば聴くほど、テレヘの魅力に引き込まれていきました。
 ゆりかちゃんにダンスの振り入れをしてもらうと、はじめは大混乱しましたが、ゆりかちゃんが物凄く魅力的で、このダンスを踊れることが、本当に嬉しくなりました。
 新しいダンスの振り入れは、自分にとって新しい世界が開けるようで、やはり、とてもワクワクするし、嬉しかったです。

 時間は限られている中でしたが、集まれるメンバーで、何回も踊りました。動画を見て研究しながら、ダンスの形をみんなで揃えていきました。
 メンバーの身長が揃っていることもあり、4人で一体になって踊りたいな、と思いました。

 1週間の練習期間、体育館には毎晩、フラダンスのチームごとに集まって、賑やかに練習をしていました。
 バンドメンバーも含めて、なのはなの家族全員で参加するフラダンスです。みんなの嬉しそうな笑顔や華やかな空気が感じられて、とても嬉しくなりました。

 本番では、その集大成で、みんなのダンスを見させてもらいました。
 みんなが華やかな衣装をまとって、きれいにお化粧をして、温かみのあるフラダンスを、笑顔で踊っているのを見ているだけで、ときめくような嬉しい気持ちになりました。
 『テレヘ』も、緊張してうまく表情を作れなかったな、残念、という気持ちもあるけれど、今の私たちに出来る最善で、お父さんに届けることができて、とても嬉しかったです。

 ラストの『フラガール』は、全員で踊らせてもらいました。改めて、この曲をみんなで踊れることが、本当に幸せだな、と思いました。
 目の前のお父さんとお母さん、そして会場のみんなが、前向きな温かい笑顔で、お互いを思いやる、優しい気持ちでいることを感じて、とても安心しました。

 父の日のお祝いに、家族全員が幸せな気持ちで満たされるような、フラダンスショーをさせてもらえて、本当に嬉しかったです。
 また度々、フラダンスを踊りたいな、と思ったし、普段の生活も頑張ろう、と思いました。

〇ソフトバレー基礎練習

 私は、先週から日曜日のソフトバレー、基礎練習組に入らせてもらっています。
 今日はあゆちゃんとりゅうさんが来てくれて、お父さんがこうしたらいいんじゃないか、と提案してくれた練習を、教えてもらいました。
 それは、相手コートから来たボールを、相手コートの隅っこに返すレシーブの練習でした。

 あゆちゃんやりゅうさんがボールを投げてくれて、自分のほうに飛んでくると、ボールが見当違いな方向に飛んでいってしまいました。
 思えば、私はボールが来たら、とにかく何とか上にあげることに必死で、相手コートのどこにいれる、というところまで気持ちを及ばせられたことが、ほぼありませんでした。
 だから今回、集中的に、相手コートの隅っこを意識して、ボールの正面からレシーブする、という練習を繰り返すことで、少し、今までより意味のあるレシーブができるようになったことが、すごく、嬉しかったです。

 あゆちゃんやりゅうさんが、的確に私たちの改善点を教えてくれて、どう直していけばいいのか分かって、とてもありがたかったし、2人の空気の中にいると、嬉しくなりました。

 私は、本当に球技が苦手なのですが、こうして実践的な基礎練習を教えてもらって、これから、サーブ・アンド・レシーブ練習を続けることで、ちょっとでも上手くなって、もっとソフトバレーを面白く感じ、チームに貢献できるようになりたいなと思いました。
 ほしちゃん、まりのちゃん、えつこちゃんと、一緒に上手くなりたい、と思ってお互いに頑張れることが、とても嬉しいです。日曜日のこの時間が、すごく嬉しくて、頑張って上達したいな、と思います。