「またすぐに」 まなか

6月13日 

 今、7時半前なのですが空がピンクグレープフルーツのようでとっても綺麗です。

 今日、午後に梅の加工をさせてもらったのですが、河上さんに教えて頂いた時間がとても嬉しかったです。
 台所やみんなのご飯を作って下さっていること、配膳や食材の扱い方についてお話を聞いていると、本当にみんなのことを常に考えて作業をして下さっていることが伝わって来て河上さんの優しさを感じました。

 一つひとつの行程の意味も教えてもらいながら作業できたことも嬉しかったです。
 土日を挟んでしまったり、食材を扱う作業の進め方を分からないまま河上さんにお話してしまったので、1から教えて頂くことになり、大変にさせてしまったなあと思ったので、こういう作業の時にはたくさん相談したりお話しに行こう! と思いました。
 まだまだ梅も採れる予定なので、作業の最後に、「またすぐに来ますね!」と言ったら笑って、また来て下さいと言って下さったことも面白くって嬉しかったです。

 うずらの小屋を表に出したのですが、明るいところで見るととってもよく見えて、いつまでも眺めてみたくなります。
 特に目に光がさすところを見るのが好きです。
 薄い茶色いガラス玉がころんと入っているようでぞわっとします。
 人の目の中もよく見ているのですが、瑞々しくて美しいなあといつも思います。
 日の光の中の目や髪が好き、自分の瞼が太陽を受けている感覚も気持ちよくて好きです。

 最近、茄子が食卓に出るのが嬉しいです。
 小さな頃、茄子が嫌いだったのですが、大人になってからとても美味しく感じるようになりました。
 はっきりと美味しさが分かった瞬間を今でも覚えていて、美味しい茄子を食べるたびにいつもそれを思い出します。
 昨日、久々に食べた那須が新鮮に美味しくって、つい、わあっと声が出そうになりました。
 これからぞくぞく採れそうな夏野菜が楽しみです。朝の嫁入りも、もっと賑やかになるなあと思ってわくわくします。

 明日は雨のようです。
 涼しくて気持ちよく眠れそう、おやすみなさい。