「希望になれる存在」 ふみ

6月10日(金)

   今日は、出勤の日でした。今日は、どれみちゃんとまみちゃんとえつこちゃんと行ってきて、なのはなのみんなで仕事をしました。
  最近、お客様からの声で、店員さんの接客が良かったということが書かれてありました。みんなと仕事に行かせてもらってから、上司の方にも、みんなが来てくれてから、お客様への応対の数字が上がっているんだよと教えていただいて、すごく嬉しかったです。
 みんなと笑顔で、仕事を頑張りたいです。
 来てくださった方が、笑顔で「ありがとう」と言って商品を受け取って帰ってくれるとき、すごく嬉しいです。 
 仕事をしているとき、なのはなから仕事に行っている一緒の職場のみんながすぐ近くにいてくれることが、どれだけ心強いのだろうと感じました。
 仕事をしていても、みんなの存在を感じたり、まみちゃんやえつこちゃんやどれみちゃんやさとみちゃんの声が聞こえるだけで、私は1人じゃないんだと思えて、みんなと仕事をさせてもらえることが本当に有り難くて、なのはなの一人として、誇りを持って、仕事に向かいたいです。
  どんなときでも、仲間がいてくれて、それが私にとって、希望であり、私もみんなのなかの一人として、いつか、まだ見ぬ誰かにとっての希望になれる存在なのだと信じます。 

 私がなのはなに来たときに、シスターのゆりかちゃんが教えてくれたことがあります。
 なのはなの卒業生は、私たちにとって希望で、私たち1人ひとりも希望なんだよ。と話してくれたことがありました。 そのとき私は、まだ見ぬだれかにとって、今も苦しんでいる人の希望になれるんだと思ったら、それだけで力が湧いてきて、それなら治りたいと思いました。
 自分がどんなに苦しくて、絶対に諦めない。希望となれる存在となれることを信じて、絶対に諦めないと思いました。 
 共感してくれる仲間がいてくれること、その仲間と一緒に過ごしていくなかで、どんどん癒やされていきました。

 みんなから感じる優しい気持ち、人のために尽力したいという気持ちを私も広げていく1人として、みんなと力を合わせて、自分に偽りなく、まっすぐ、ちゃんと生きていきたいです。
 今日は、ここまでにします。

 おやすみなさい。